作品画面の紹介

聖狼少女<せいろうしょうじょ>
1988〜1989年度作品


原口清志の雑誌掲載された「漫画作品」の原稿画像の紹介コーナーです。
内容としては抜粋ですが、ほぼストーリーのダイジェストにもなっています。
(と言っても本格的な電子ブックスではないので解像度の低い、あくまでもサンプル程度の公開です。(;^_^A)
      
現在、既にコミックスは
絶版本になっていますので、一般書店では入手出来ません。
作品本編は、ダイジェスト以上に面白いから、古本屋やWEB書店で見つけたら(フルサイズの内容を)買って読んでね。

このページの紹介作品は『聖狼少女』です。

私の少年誌デビュー最初期当時の作品となります。
ただ、第一部の絵柄と第二部とでは、かなり画風のタッチが、執筆時期の加速的な「自己変化」のせいで変わっています。
ふわふわ感の好きだった初期と、リアルタッチに向き始めた(かと言って完全な「劇画」でもない)その後の嗜好とが、よく分かるタイトル作品になっています。
その後は、第一部のタッチと第二部のタッチの中間地点に絵柄をまとめた感じで、その他の作品で執筆活動を展開する事になります。

そういう意味でも記念碑的な作品です。


<タイトルか画像をクリックすると、漫画の内容を閲覧できます>
タイトル文字クリックで同一画面で。イラスト表紙クリックで新しい全画面表示で開きます。


★『聖狼少女』
邂逅篇


<聖狼少女 1>

★『聖狼少女』
魔狼降誕篇



<聖狼少女 2>


 

『聖狼少女』は掲載雑誌の唐突な休刊のために、本来のプロット通り展開せずに、コミックス2巻目にして、未完のまま終わってしまった作品です。

    
この作品に関して申せば、未完なのは私の責任ではありません。(後年の『しゃがら』の時は、私が体調を崩して本当に「未完」になってしまいましたが・・・。)『聖狼少女』執筆当時は余力十分でした。残念でなりません。
     
・・・では、というので、第1巻目は重版も重ねて好評でしたので、コミックス2巻目をまとめるにあたり、連載ページ数は、コミックスの枠を超えていた事もあって、「稿料ないですけど、書き下ろして貰えるなら、3巻目を出しますよ。(つまり、印税収入が、書き下ろし200P分の稿料のかわり、という考え方ですね。)」みたいな話も当時、編集部からあったのです。
      
乗っても良かったのでしょうが、アシスタントなしで漫画を描いていた少年誌デビュー間もない薄給の漫画家にはきつい話です。
   
別の雑誌の仕事にとりかかったら「書き下ろし」なんて出来なくなりました。
     
泣きの涙で、「2巻目、第2部『完』、Some other time・・・」という形でコミックスをまとめるために、コミックスの尺に収まらない30数ページ分を割愛して2巻目を出してしまったわけです。
  
かくして永遠に「未完」のストーリーです。

余談ながら・・・。(*^_^*)
『魔狼降誕篇』の金魔狼覚醒シーンは、後年(『聖狼少女』の4〜5年後くらいに)、あの「ファイナル・ファンタジーY」のヒロイン、ティナがトランス状態になったまま、原獣の血に覚醒して虚空を飛翔する場面(この時「FF6」のヒロインもオールヌードになった)が、私の漫画のシーンにそっくりなので、「FFシリーズ」のファンだった私は、ゲーム中にその場面に出くわした時、ひとりで喜んでいました。
ゲーム・デザイナーは私の漫画なんて読んだ事もないでしょうから、「石動 萠(いするぎ もえ)」というキャラクターを知るはずもなく、単なる偶然でしょうが、私はティナに(もえ)とネーミングをして「FF6」を何回も繰り返し熱心にプレイしていたものです。
この「超能力少女、オールヌードのトランス状態で飛翔」のシチュエーションは、私が「FF6」からパクったわけではありません。私の漫画の方が先です。・・・オマージュや、パロディの好きな私ですが、一応、これだけは書きとめておきます(笑)。
(ちなみに「」というヒロインの名前、ワープロでは正確に変換されないんだよな。普通のパソコンのワープロ機能では「萌」という、流行りの漢字にしか変換されない・・・。草冠に月ふたつで「→もえ」と書くのが正しいヒロインの名前です。)
      
■今なら、割愛原稿を復活させて、3巻目を書き下ろしてでも続きが描きたいな(第2部の絵柄は、現在でも描ける方向性なので)と思っていますが・・・。
まぁ、やっぱり、そんな原稿依頼は天地がひっくりかえっても来ない事でしょうし・・・。
 
という事で、過去の作品画面の一部だけでも、ここでお楽しみ下さいませ。
        
 
 
Copyright(C)  Kiyoshi Haraguchi / PinkNut HomePage All rights reserved.
(C) 原口清志