作品画面の紹介

しゃがら<沙羯羅>
1993〜1994年度作品


原口清志の雑誌掲載された「漫画作品」の原稿画像の紹介コーナーです。
内容としては抜粋ですが、ほぼストーリーのダイジェストにもなっています。
(ちょっと、サービスしすぎ。・・・と言っても本格的な電子ブックスではないので解像度の低い、あくまでもサンプル程度の公開です。(;^_^A)

現在、既にほとんどのコミックスが絶版本になっていますので、一般書店では入手出来ません。
作品本編は、ダイジェスト以上に面白いから、古本屋やWEB書店で見つけたら(フルサイズの内容を)買って読んでね。

(今の古書店やブックオフのシステムのままだと、作家にも出版社にも何の利益の還元もないのですけどね。(;^_^A
作家としては、自分の本が簡単に『紙ゴミ資源』にされて潰されてしまうよりは、まだしも次の「読み手」の方に本が
まわっていく事の方が、「なんぼか心が癒されます」よ。だから、捨てるよりは他の読者に「回してあげてね」、とは思ってしまいます。(*^_^*)


出版社在庫なし。再販予定もなし。絶版本。

紹介作品は、後日、増えて行きます。



『しゃがら』のモチーフは、もちろん手塚治虫先生の名作「どろろ」に対するオマージュです。

「百鬼丸(ひゃっきまる)」という手塚治虫先生の描いたキャラクターが、『しゃがら』のプロットを考えた時の、複合して抱いていたモチーフの中のいちばん大きな「柱」のひとつです。

『しゃがら』は、このページを記述している2005年現在において、もう10年以上も前の作品になります。



<タイトルか画像をクリックすると、漫画の内容を閲覧できます>
タイトル文字クリックで同一画面で。イラスト表紙クリックで新しい全画面表示で開きます。

★『しゃがら』 其の壱


<沙羯羅 1>

★『しゃがら』 其の弐


<沙羯羅 2>

★『しゃがら』 其の参


<沙羯羅 3>



「百鬼丸」のキャラクター人気というのは強烈で、手塚治虫先生の京都であったファンの集い(ずいぶん昔の事です)に、ファンのひとりとして私が参加させていただいた時に、先生から伺った話ですが、先生ご自身が、別のアメリカ講演におけるファンの集いで(なにせ「世界の手塚治虫先生」です。世界中に熱烈なファンがいらっしゃいます。)、アメリカの17〜18歳くらいの青い目の女の子に「百鬼丸」の「絵」を望まれて、先生がサラサラっと走り描きをしてあげたら(走り描きと言っても、先生の絵はいつでも逸品です)、その少女は、もう、本当にぽろぽろ泣いて「おおっ、百鬼丸・・・。(日本語ではなく、当然ここは英語発音です)」という感じで、先生が驚くほどに猛烈な感動をして喜んでいたそうです。・・・それほど、ファンの心をとらえるキャラクターであり、思えば百鬼丸は、少女に好まれる(世界に通用する)元祖「美少年キャラ」でもありました。


ちなみにこの京都におけるファンの集いでは、ラッキーなことに、先生から私も直接にサイン入りの絵をいただく幸運に浴しております。
「鉄腕アトムと火の鳥2772のオルガ」のとても大きな絵です。もう、我が家の家宝にさせていただいております。
この時の私の感動こそいかほどのものか・・・。

私は、このファンの集いのほどなく1年後に漫画家デビューをしました。


手塚治虫先生の「どろろと百鬼丸」に対しての私の思い入れと、
『しゃがら』の(もし続いていたら)6巻目以降にあったはずのプロットに関しては、
別のコーナーで後述したいと思います。



☆『しゃがら』という作品についての雑感


Copyright(C) Kiyoshi Haraguchi / PinkNut HomePage All rights reserved.
(C) 原口清志