原口清志のアートギャラリー


 原口清志の、商業誌用「原稿」の仕事で描いた作品を一部抜粋してご紹介させていただきます。
いずれも基本的には『漫画誌』の連載作品などに使われたものがほとんどです。

仕事以外で、プライベートにカラー原稿を描いたとしても、あまり露出させるつもりはありません。(そりゃ、プライベートな内容だから♪。)

単発の「読み切り」作品で、編集部からカラーページを任されることはもありました。

でも基本的には、私のカラー・イラスト・ワークは、連載漫画作品がらみのものがほとんどです。

露出している私のカラーイラストの作品量は多くはありません。

埋もれているものの方が、よく考えたら多いかな。

あれやこれやで出版社に預けっ放しの原稿以外はけっこう手元に生原稿が保管されていますので、また生原稿としての「カラー」でも「モノクロ原稿」でも、ご紹介の機会があるかと思います。

今となっては、カラー原稿に関して言えば、もう「CG画」からは後戻りできないぞ、という、雰囲気が描き手としてもございます。

とはいえ、やはり昔の「紙の絵筆原稿」には、あれはあれで独特の味わいがあるのも事実ですから、機会があればまたカラーも、「画用紙」に「水彩画の筆塗り」で挑戦したいものですね。)

 それにしても、同業者の「プロ漫画家」としての他の作家様のホームページなどを拝見していると、「ホームページの形態自体」など、じつにスマートで素晴らしいです。

 私のホームページは、どう見ても、ウェブ・デザイン初心者の作家本人が、市販のアプリケーションソフトを使って、素人知識で自作した「もっさり」としたデザインです。スマートでもお洒落でもないけれど、ホームページ運営者としても細々とマイペースでやっていくつもりです。一所懸命に自分で作ったので見て下さいね。



イラスト解説コーナー


●CGイラストというものは

(各サムネイルの画像はクリックすると、大きな画像でご覧になれます。)


はじめてのお絵描き

■画用紙に生原稿のカラー絵として、絵の具で描くことには慣れていましたが、いわゆる『CGカラー・イラスト』というものには長い間手を出すことはありませんでした。パソコンが解らなかったというか、苦手意識があったのです。

というのも、私の原初パソコン体験は「MS−DOS時代のNEC9801シリーズ」でした。

これはぶっちゃけて書いてしまうと「18禁の美少女ゲーム・ソフト」がやりたかったというだけの動機で買ったのです。

結果的に仕事には全く使わずじまいでした。(蔑みや馬鹿にするなかれ、こういう購買意欲層がパソコン事業の黎明期の売り上げを確実に支えたことは事実なのだ。私と同じ動機でNEC9801シリーズを買った諸兄諸氏は多いはず・・・。)

■最初に買ったWindows機はOSがWindows98SEの「入門機パソコン」でした。

絵を描くためのソフトは『PHOTOSHOP 5.5J』です。(現在は『PHOTOSHOP CS』ですね。当然、いずれも正規品を買ってユーザー登録もしています。プロとしてのスジですか。 )

先に参考書等を何冊か買い込んで、『PHOTOSHOP』さえ使えれば「多分CG画が描ける」という感触を得ていましたので、早速「虎の巻」に従って、自分の絵をスキャナーで取り込み、「線画抽出」というのをやって、色をパソコン上で塗ってみる。ちゃんと出来ました。「面白い、面白い!。」というか、パソコンでこういう事が出来るのか、という、ちょっとした感激でした。

・・・そして現在に至る。と、いう感じです。
今や、パソコンでのお絵描きなんて、あまりにもスタンダードなので、何の解説も要りませんね。

結局は、参考書が1冊あれば、独学で描けます。
「CG画」。

簡単ですよ。

皆さんも挑戦してみてください。




シスターヴァイス

■さて、2000年〜2001年に、秋田書店さんの「ヤングチャンピオン」誌に、拙作「シスターヴァイス」の連載をさせていただいておりましたので、その漫画のコミックス化にあたり、早速、スキルを身につけたばかりの「CG画」を仕事に使う機会が与えられました。
コミックス、カラーカバーのイラストを「CG」で描きました。

この「絵」も今見ると、女の子の肌色の色合いが赤味に偏って違和感があるので、完成品としては修正してご紹介したかったのですが、あえて当時のカラー状態のままで載せました。



ピンクナット

■ちなみに、最初に「CG画」を描くために、当時10万円程度の「Windows入門機種」を買ったと書きましたが、これは、ある程度『PHOTOSHOP』というソフトのパフォーマンスを考えると、それに見合った環境の「CPU」、「メモリ」、「グラフィックボード」、「HDD容量」のパソコンが必要だということが、パソコンに詳しくない私にも容易に理解できました。

当時の「Windows入門機種」では、どうにも『PHOTOSHOP』上での作業処理が遅くて仕事にならなかったからです。

現在使用中の主力マシンは、3代目です。

■2002年には、双葉社さんとお付き合いの機会を得て、はじめての「ソフトH系」のコミック誌に連載をさせていただきました。
それが双葉社「メンズアクション」誌の妹誌として刊行された「メンズアクション増刊号キャラクター」という雑誌でした。

連載のタイトルは『ピンクナット』(PINKNUT)です。

■イラストは左から連載時の「巻頭カラー扉絵」、「話中カラー絵」ということになります。

とび抜けた手法や「色扱いの妙技」といったものはありません。

とにかく『肌色』の扱いには手慣れてきましたが、今後は「なにか一目瞭然で斬新な事をやっている」というような「CGワークス」にも挑戦すべきでしょうね。



『ピンクナット』コミックス

■連載させていただいていた「ピンクナット」がコミックス化されるにあたり描いた「カラーカバー表紙絵」用のイラストです。

けっこう気に入った「やわらかさ」がある作品なので、私のホームページの初代「壁紙」として「ホームページ入り口」の背景などにも、このイラストを使っていました(壁紙がモニター・フルサイズの「絵」だと、なかなか表示されず、あまりにも重いのでやめましたが)。明るいタッチですしね。好きな1枚です。

イラスト描きの立場としては、もっと幻想的なものやエキセントリックなもの、あるいはリアルなタッチのものとか、ホラーでブラックなイメージのものも描いてみたいのですが、いずれ、このホームページで紹介させていただこうかと思っています。




(C) このホームページの全ての画像、全ての文章には、著作権が発生しております。
いかなる無断転載も、無断使用もこれを禁じます。
Copyright(C)  Kiyoshi Haraguchi / PinkNut HomePage All rights reserved.
(C) 原口清志