■こちらのコーナーは、業界関係者の方や、アマチュアでも漫画を「絵コンテ」作りから描いている人にとっては
何の新味もなく珍しくもないご紹介となりますが、「漫画は好きだけれど、読むだけで製作現場のことは知らない。」
とか「でも製作過程には興味がある。」という方には、多少なりとも覗いてみて面白いかもしれないコーナーです。
漫画家が、商業誌の編集者との「打ち合わせ」に使う「絵コンテ(俗に業界ではネームと呼びます)」を
ご紹介します。これはこれで漫画原稿完成品の青写真をお見せするようなもので、ちょっと恥ずかしいのですが
(某カリスマ少女漫画家さんの有名なコメントで、「製作過程の紹介は"女流漫画家としての"自分の下着を見せるようなもの」で・・・)サービス・コーナーのつもりです。
う〜む、そういう意味では、私が男だから何のサービスにもならんな。
私が女性なら、そいうい比喩は適切な例えとして活きたのだが・・・。まぁ、いいや。


■「絵コンテ」をなぜ「ネーム」と呼ぶようになったかは定説がないようです。
ただ、石森章太郎(石の森章太郎)先生の『マンガ家入門』、『続・マンガ家入門』や、手塚治虫先生の「まんが専科<初級編>」、「ぼくは漫画家」あたりをバイブルとした世代にとっては、その本で書かれていた「業界では、漫画製作の下絵の下絵とも呼べる絵コンテを=『ネーム』と呼ぶ。」みたいな記述を素直に、そのまま受け入れていました。当時、雑誌の編集者さんも「ネーム」という言い方をされていました。
 でも、昨今では、雑誌の編集者さんでも「ネーム」という言い方はしないで、「絵コンテは出来ましたか?。」と聞いてこられるケースが増えてきました。
時代の気分で呼称は変わるようです。

 そもそも「ネーム」とは本来、漫画のフキダシの中に書かれている登場人物の「セリフ」を指すのが、直接意味するところです。
でも、私には、なんで、セリフの事をネームと呼ぶのかも、本当の由来は分かりませんし、転じて、「絵コンテ」そのものまでも「ネーム」と呼ぶようになったか、実は未だによく分かりません。
 ただ、慣例として業界用語を使うのがプロらしい気分になれるので、投稿家のアマチュア時代から「ネーム」という呼称に親しんでいたものです。
ご多分にもれず、アマチュア時代には、私も「漫画研究会」、「同人誌」のサークルに入っていました。良い思い出です。

■さて、その「ネーム」こそが漫画製作の要です。
「ネーム」時点で、編集者と打ち合わせ、推敲を重ねて、「面白く、破綻無く」出来上がったネームを本番の原稿に仕上げていきます。
 稀に一発、OKなんて嬉しい時もありますが、ふつう、この打ち合わせで「新人漫画家」は編集部にとことんいじめられます。
・・・新人は未熟だから、「いじる余地、のばせる素地」があるから、という事でもあるわけです。リテイクの嵐で、下手すりゃ、「投稿家クラス」の新人さんはこれで潰れるケースさえあります。
昔、新人ながらに「あまりに大きな直し」を受けたネームは、その時点で『捨てる』女流作家さんが、私の知り合いにおられました。そこそこマニアに人気で、その態度は、不遜ですが、ある意味「大物」だったのでしょう。・・・その新人少女漫画家さんは後に大成されました。名前を書けば誰でも知っておられる人です。
私などは、その大物ぶりが羨ましかったものです。私は神経性胃炎なりつつも、編集者のリテイクに耐え続けていた小心者の新人でしたから。
 中堅やベテラン作家となると、そこはもう「ネームからかなり作品が完成されている」わけで、あまりくどい修正依頼はありません。(あっても「セリフのてにをはの修正」くらいのものです。)私も近年はリテイクは受けなくなりました。熟練してきたのでしょう。・・・というのは冗談で、本当のところは編集者の方が相手のキャリアにそれなりに配慮や遠慮をしたり、個性の固まった作家は「いまさらいじりようがないから諦めている。」だけなのかも知れません。)


ネームの実例