オカメインコって、すっげ〜可愛い!!


(各サムネイルの画像はクリックすると、大きな画像でご覧になれます。)

■チコちゃん『差し餌』の頃
(「フォーミュラー(練り餌)」をやっていたので、嘴の下、胸元いつも餌でコベコベでした。)
デジカメのレンズを向けると、『なぁに?』と必ず寄ってきて、カメラ目線です♪。

<・ align="center" valign="middle" width="400" height="300">


■成長した半年後のチコちゃん
男の子で、カタコトの物真似をして、口笛も吹きます。

<・ align="center" valign="middle" width="400" height="300">

■その愛らしい姿と、動作、感情の豊かな表現で、たちまちに「とりこ」になってしまうペットたち。

<・ align="center" valign="middle" width="466" height="350">

■この子は、姉の家で飼っている、ミニュアダックスフンド・レッドの『チロル』ちゃん
もうお母さんで、5匹の子犬を産みました。今でもとても綺麗な女性です。

■不思議な子で、小鳥さんが大好き。ただ、ひたすらに見守るだけで、他家に嫁いでいる姉が、我が家にチロルちゃんと一緒に遊びに来たときにこのチロルちゃん、はじめて生後3ヶ月くらいのオカメインコのチコちゃんと出会いました。
チロルちゃんは我が家のオカメインコを驚かしたり、ましてや襲おうなどという気配はまったくみせずに、ただただ小鳥の一挙一動を見守り続けていたのです。動く小動物に感動している様子でした。

 犬には自分より小さなものを野性的本能で、襲う方向に働く行動が多いのですが、ゴリラのような高等な類人猿が、ペットを扱うように小動物を愛でる行動が野生の姿でしばしば観察される事があるそうです。
このチロルちゃんは、どうやら、「小鳥」を『可愛い』と思っている様子でした。『小鳥の動作』が不思議で仕方がなかったのかもしれません。かたや、怖いもの知らずの雛のオカメインコの方も、全く怯える様子を見せずに、犬に鑑賞されるのを人間(この頃の雛にとっては人間は親、家族、もしくは自分も人間と思っているくらいの時ですから)に見られているのと同様に何の気にもせずに受け入れていました。犬が鼻面をこすりそうなほどに近寄ってきても逃げないのです。むしろ自分も嘴を近づけるくらいの有様です。(成鳥になってからのオカメインコと違って、嘴でものを突くとかきつく噛みつくなどという行動はまだない時です。成鳥になるとオカメインコって、いくら人が育てて慣らしていても、発情期や気分によってはたまにけっこう凶暴ですよね(笑)。)

 微笑ましい光景でしたが、そうは言っても、飼い主の人間の方が、「やはり、犬と小鳥。いつ噛むかわからん。」と思ってオカメインコをバードゲージに入れて隠してしまうと、小鳥の姿が見えなくなったので、チロルちゃんは。いつまでも「クゥ〜ン、クゥ〜ン。」と小鳥の姿を求めて鳴き続けるのでした。ちょっと、不思議な経験でした。この子は今でも「小鳥大好きっ子」なのです。・・・あれから、オカメインコの方は、さすがに成鳥になると知恵付いてきた分、犬には怯えるようになってしまいました。今にして思えば、最初の頃の「チコとチロルの出会い」は一時的なメルヘンでしたね。


■我が家で飼っている「オカメインコのチコちゃん」を中心に、私の生活の周辺に居るペットたちを紹介します。

<・ align="center" valign="middle" width="400" height="300">