原口清志のコミックス


■原口清志の雑誌連載、掲載作品のコミックス化されたものをご紹介します。
作者の作品に対する自己評価や思い出話などもコメントしておきます。
現在「絶版」扱いで一般書店では入手できないコミックスがほとんどです(泣)。

■原稿の内容に「書き足し」やトーンワークを今の感覚で『補完』したりする事を、以前から「やりたいなぁ。」と思いつつ、近作刊の2作品の他は、基本的にはもう出版社との当初の「版権拘束期間」は切れて久しい作品ばかりです。

絶版本に関してはどこかの古書店か、インターネット・オークションとかで探し出してみて下さい。
世に出された漫画作品たちは、いつでも皆様に「読まれたがって」います。


(各サムネイルの画像はクリックすると、大きな画像でご覧になれます。)

◆コミックスの表紙と裏表紙 『作品内容と作者のコメント』 備考
Cheese(ちーず)
全1巻
(C)白泉社
作・原口清志

■今となっては原口清志の作品群の中では、珍しい『下宿ものラブコメ』作品です。

■この『Cheese』は、これが少年誌デビューとなった記念碑的作品で、それ以前の「少女漫画家」時代のエッセンスを少なからず引き継いだ形で描いたからこその「ラブコメ」だったわけなのです。

■物語はごく平凡な大学生なつ坊(本名は篠原なつ)”とその姉”ちーず(本名、千鶴「ちずる」の愛称)”との「淡い恋」と、彼らの日常を描いた「ラブコメ」短編作品集であります。

■ただ、ここで設定として普通と違う事と言えば、ヒロイン”ちーず”が金髪に青い瞳の女の子だという事です。つまり、ブロンド美人で、西洋人だという事なのです。
(これ、萩尾望都先生の佳編的小品「赤ッ毛のイトコ」に個人的に大変に感銘を受けていて、そのオマージュとしての部分が、キャラクター設定にあります。)

■ヒロイン”ちーず”が主人公「なつ」とは血のつながりは無く、年もたったの3ヶ月しか離れていない養子の姉であるというわけで、こうした二人は、ただの姉弟の関係であるはずもなく、「相思相愛」なのに「確信犯的に恋人の関係でありながら、すれ違いを演じている」カップルだなんて描写はもう「ゆるい」ラブコメそのものです。

■月刊誌の不定期掲載の連作シリーズでした。
第一話を描いた頃は、まだ少女漫画家を辞めて、普通の会社勤めをしていた頃に、通勤中の電車の中でネームを描いて、夜に寝ないで原稿を描いた、というような生活の中で仕上げたものですから思い入れがあります。

漫画を描くことに限りなくピュアな「創作意欲と熱意」を持っていた「出戻り新人」の「純粋」が詰まっているコミックスです。

■漫画家になって生まれて初めて出してもらえた単行本です。
こんなに嬉しい感激はありませんでした。

世間様の評価がどうであれ、作者のごく私的な「宝物」の一冊です。

一般書
聖狼少女(せいろう少女)
第1巻
(C)白泉社
作・原口清志


★『聖狼少女』
邂逅篇


<ダイジェスト>

■その後の私の他の作品に共通するテーマ、「SF・ファンタジー・ホラー」というカテゴリーの「美少女」主役の独特な設定ものを確立した作品です。

■「美少女が主役のバイオレンス」というカテゴリーの「作品」として、当時としてはとても斬新でした。

張り切って描きました。

大好きだった初期の頃の「ウルフガイ・シリーズ」(作・平井和正先生)。
アクションもの好きのコミック作家なら、誰でも一度は「俺のウルフガイ」を描いてみたいものです。別に「人狼」でなくても不死身のヒーローはウルフガイ、犬神明に通じるものがあります。

私はそれを「女の子」にしてしまいました。(この一点で、すでに「俺のウルフガイ」からは乖離していますが・・・(笑)。)

■この『聖狼少女』のヒロインは「狼少女」で、『ゾアントロピー(獣人化現象)』で狼人間に変身してしまう16歳の少女です。名前は『
石動 萠(いするぎ もえ)』(こういう命名も当時としては斬新だったのですよ。『萌(もえ)』ではなく、『(もえ)』です。これ重要。)。

■物語は、「実の母親」にさえ獣人化を秘密にしている少女の「夜毎の行動の謎」を追う形で展開していきます。
「物語の語り部」となっているのは、このヒロインの家に同居する形で登場する、ヒロインの従兄弟「石動 圭介(いするぎけいすけ)」17歳の目線で、「夜毎の猟奇的殺人事件」の起きている地方都市の郊外の町の謎を追いかけて行きます。
はたして「巨大な獣に食い殺された連続殺人事件」の犯人は彼女ではないのか!?。

■これが第1部で、第1部の「解決後」、一年を置いた設定で第2部に物語は展開していき、「人狼騒動」の舞台は一挙に世界規模になって展開していきます。

今度は初の毎月連載です。毎号連載第1話のみが巻頭カラーの45pで、あとは毎月31pの連載でした。

第2部のオープニングが当時としてはまた気合いが入りました。

この辺のバイオレンスや猟奇趣味は、よくも悪くも、その後の私の作品に決定的な方向性を示唆してしまったのは本人も認める所です。

一般書
聖狼少女(せいろう少女)
第2巻
(C)白泉社
作・原口清志


★『聖狼少女』
魔狼降誕篇



<ダイジェスト>

第2部には、「ウルフハウンド」という、なかなかに魅力的な仇役が登場します。
嶽崎四基(たけざき しき)という、悪役キャラは好きですね。

一方で、ヒロイン「
」の『金魔狼(きんまろう)』化=聖狼(せいろう)一族のクイーンの誕生が物語を動かしていく原動力だったのですが、その「覚醒」を描けただけで本当の「展開部分」は後述する雑誌の休刊事情で何も描けずじまいに物語が中断してしまいます。

というのも、『聖狼少女』が未完結で第3部につづくというエンディングのまま中断されたからです。

なぜというに、「掲載誌が再来月に休刊になります。」と編集部から唐突に言われて、「連載を終われないのに終わらせる」しかなかったからです。同誌に連載やシリーズ連作を描かれていた他の作家さんたちも同様の思いだったでしょう。作品完結が間に合った漫画家先生は幸いです。

この原体験は「しあわせに完結」した最初の単行本「Cheese」に比べて、その後の私の「作品未完の悲劇」(掲載雑誌との巡り合わせで帰結的にそうなってしまったというだけの不可抗力なのですが・・・。これを作家の一人の責任のように誤解されている読者がいらっしゃるので残念です。

作家は描かせてくれる雑誌さえあれば、不可避的都合で中断した漫画の続きを描きたいと思い続けているものなのです。

コミックス『聖狼少女』1巻、2巻は、そこそこ版数を重ねました。

それは、リアルタイムでは、読者も「続きが読める」と思ってくださっていたからだろうと思います。
唐突な中断は、読者にも申し訳ないと思っています。

稀に雑誌が潰れて「作品は掲載誌を変えて生き残っていく」という、希有な漫画作品も、他の作家さんではあるようですが、『聖狼少女』には今までの所、そんな機会は与えられていません。

一般書
朝な夕なに
全1巻
(C)白泉社
作・原口清志

■白泉社の「月刊コミコミ」は色々な掲載作品を中断する形で休刊となりました。「月刊コミコミ」自体も前身には「少年ジェッツ」という雑誌があったわけですし、歴史が繰り返されただけですが、白泉社自体は少年誌部門にかける新たな熱意を持っていました。

「月刊アニマルハウス」の創刊です。(この「アニマルハウス」が月刊誌から後年、隔週雑誌に変わる時に、現在の「ヤングアニマル」誌になったのです。)

その新雑誌にも、私はなんとか潜り込みました(笑)。

■ここで描いたのは「下宿ものラブコメ」です。

でも、センス・オブ・ワンダー(というほどのもんでもないが)の要素として、筒井康隆先生の『俺の血は他人の血』や同氏の短編作品集「男たちのかいた絵」の中の『二人でお茶を』という小説の「交代人格」なるシチュエーションをヒロインの設定にあてています。

主人公は神戸の洋館下宿長屋に他の土地からやってきた男の子、冬木時朗(ふゆきときろう)という学生です。そこで彼は、洋館長屋のマドンナ、穏和でたおやかな性格の「朝菜(あさな)」に出会います。
が、その朝菜に"快活粗暴な性格"の「夕菜(ゆうな)」という第2人格が現れて騒動を起こすという「交代人格」の女の子の話なのです。

実はからくりがあって、ネタばれになってしまいますが、ここに書いてしまいます。

主人公や読者には、「第2人格」だと思わせていた粗暴な夕菜の方が主体人格で、穏やかな朝菜が、"死んだ双子の姉だった"というどんでん返しがあります。

小品ですが、こじんまりとしたところが「等身大」で、割と好きな世界観の作品です。


 
この作品を描き始める直前の、この年の2月に、とても悲しい出来事がありました。

まんがの神様『手塚治虫』先生が死去されたという報せです。

悲しくて悲しくてやりきれない寂しさに泣きました。
私が一番尊敬していた、本当の「まんがの神様」でしたから。

一般書
(C)講談社
作・原口清志

■少年誌デビュー以来、ずっとお世話になっていた「白泉社」さんから、ひょんなご縁で舞台は「講談社」さんに変わりました。

■私が「聖狼少女」を描いていたのを知っていた(講談社の)担当編集者さんのアドバイスで、「狼男がビジネス街で、ビジネスマンとして颯爽と働いていたら面白い。」という実にシンプルな発想から、この漫画を描きました。

■いやぁ〜、正直な感想を吐露すると、このコミックモーニングの編集部には「まるで少女漫画で新人デビューした新人の頃のように」とことん「鍛えられました」ね。

神経性胃炎になりました(笑)。

編集部に言わせると、どうもこちらの編集部は編集会議や編集長の意向が徹底しているようで、スタイルの出来上がったヒットメーカー作家や大御所作家以外は等しく「リテイク編集」で鍛えられていたようです。

■その「鍛え」の中で、見事に化けた作家や、鍛えの必要がなくなるくらいにクリエイティブな作品製作を出来る作家のみが一流として雑誌上での生存が許されるシステムのようでした。

なにを一流と見るかは柔軟な考え方も持っている編集部でした。

当時、本誌連載の「沈黙の艦隊」も「ナニワ金融道」も、あそこまで「絵」の描写に関しては個性の開きがある作品でも、「人間を実に見事にえがけている。」という事に関しては「どちらも一流だ。」という判断なのです。

また、読者を「あっ」と言わせる驚きのセンスとポテンシャルを持っている作品も歓迎されましたし、中には「あまりにもアクが強すぎて変な漫画」と思えるような作品も「一流候補の」芽を持っているコミックだと認めて、けっこうなんでもかんでも載せてしまうコミック誌でした。

■コミックモーニング編集部はどんな作家とも1度の「連載作品」のお付き合いでその作家の力量を判断しない。縁の出来た作家とは最低でも3度までのチャンスは必ず与えるという方針でした。
ヒットすれば、1作品が10年、20年のお付き合いになるのだという考え方でした。

■「狼ダンディー」は本当にこじんまりとしてしまいました。
私が神経性胃炎になるほど、編集部の「押しの強さ」に面食らったからです(笑)。従って、1巻で終わることになりました。

無事に完結はしましたが、編集部からは「では次はもっとスーパーなものを作りましょう。」という案配でした。

一般書
ヘルマドンナ
第1巻
(C)講談社
作・原口清志

■「ヘルマドンナ」は「狼ダンディー」終了から間を置かずに連載が開始されました。
褌を締め直してとりかかりました。

■今度は、より、自分の好きなテーマにこだわる事にしました。
「女性」を主役にする。
そして、「ホラー」や「アクション」、「オカルト」で、毎回、魔物ばかりをお題にするという事です。
核はスーパーヒロインを描くという一点だけに絞りました。

■安直でストレートすぎることではありましたが、これは深いテーマ性や人間ドラマに腐心して悩むより、深いところは捨てちゃったという「潔さ」である意味成功しました。
圧倒的に「強いヒロイン」という事で、その存在感はこれまで描いたどのキャラクターよりも強力です。

さらに、ロリコン気味な「愛らしいもの好き」の私の本来の資質からは背伸びをしたキャラクター作りではあったので、少女の可憐さを持ったキャラクターに思い入れをしていた私にとって、ヘルマドンナの『古杣夕湖(ふるそまゆうこ)』は、愛すべきキャラクターかというと、あくまでも「強いおねいさん」であって作者として溺愛はしかねるキャラクターではありました(笑)。

まぁ、作者が自分の描くヒロインに「いちいち恋しながら」描かなくてはならない法はないし、それをやるのが正解でもないので、冷静に作品を描く上では私にとって「新しいタイプ」のキャラクターでした。

■本音を言えば、自分の描くヒロインに作者が恋して、読者にも恋してもらえるキャラクター作りというのが、漫画家として描いていて一番ハッピーなことなんですけどね。

■ヘルマドンナの『古杣夕湖』は、そういう意味で、私にキャラクターの持ち駒を増やしてくれた作品です。

一般書
(C)講談社
作・原口清志

■「ヘルマドンナ」は1巻目で切られずに無事に最初のハードルをクリアして2巻目に連載が突入しました。

■ところが、この2巻目連載中に思わぬターニングポイントが訪れます。
はっきりと書いてしまうと編集部の戦略的都合で「掲載雑誌の舞台」が変わったのです。
「コミックモーニング増刊号、パーティー誌」の休刊です。

こういう雑誌の栄枯盛衰の成り行きはざらにあるケースです。

■そんな中で「月刊アフタヌーン」誌強化の方針で月刊誌として他に類を見ないくらいに雑誌ページ数も大幅に増やす事が決定していたので、「パーティー増刊号」の中からまだ拾える作品や作家は「月刊アフタヌーン」誌に継続執筆してもらおうという救済策が提案されたのです。

私の漫画が休刊する「パーティー増刊号」から「月刊アフタヌーン」誌へお引っ越しとなりました。

■ここで、ヘルマドンナの『古杣夕湖』のキャラクターが、ちょっと化けてしまったのです。
それは「月刊アフタヌーン」誌にふさわしい、「パーティ増刊号」の時よりも「もっとパワフルな絵と内容にして欲しい。」という編集部の依頼からでした。

『古杣夕湖』のキャラクターが、絵的にも変貌しました。

これにはどうも賛否両論の否定的な意見の方が、読者からは後年に感想として聞く機会がありましたが、「より劇画的な超スーパー・ヒロイン」になった月刊アフタヌーン引っ越し、新生第1発目の『古杣夕湖』は、編集部的にはけっこう気に入られました。

「パーティ増刊号」掲載のヘルマドンナは、毎号20pで描いていましたから、「転載再出発で38pに増ページしてもよろしい。」という大盤振る舞いな編集的許可。

■この時には「ようやく、長尺の連載が可能なキャラクターを育てるチャンスを貰えるのかな。」と内心はおおいに意欲的になっていました。

一般書

(C)講談社
作・原口清志


■掲載誌が「月刊アフタヌーン」になった事ではりきっていました。
ただ、ヒロイン『古杣夕湖(ふるそまゆうこ)』のキャラクターを、よりバタ臭くてパワフルが絵柄にも反映したような性格のキャラにしたことで、むしろ当初の連載時にファンになってくれた読者は離れていった感じでした。

■作家が時々陥るジレンマですが、漫画家は「自分が読みたい漫画、描きたい作品。」からモチーフに入り、「どう読者に喜んで貰うか。」にアイデアをしぼり工夫をします。
そこに同時に入ってくるのが「雑誌に載せて貰うために、いちばん最初の読者になる『編集部』に納得してもらう。」ための難関クリアです。

「読者のために」、「雑誌のために」、よりよい作品を作ろうという上昇志向、プロとして当然の作業であるはずのこの関係が、作家側の被害妄想で歪む事があります。

それは、時としてジレンマに悩んだ作家が「担当編集者」や「編集部の意向」に気を遣うあまりに、「自らの節を曲げて迎合しようとする」いやな下請け業者根性を出してしまった時です。

■「ヘルマドンナ」は第2章に入ってから胸を張れる作品がどうにも仕上がっていきませんでした。
勢いがあったのは掲載誌移転後、第一作目のみでした。
ジレンマで悩みました。

■なんとなく、「ヘルマドンナ」は、私の力及ばず、3巻目で「連載終了」となります。

理由は、ちょうど連載がコミックス3巻目のページ数に足りて「きりがいい」事と、コミックスが「パーティーKC」という体裁で発刊されていたので、「パーティーKC」を冠したコミックスは雑誌「パーティー増刊号」が消えた今となっては順次終了していただく方針です。という事でした。

また3度目の連載企画のチャンスで次のお付き合いはありますから、という事でしたが、作家の方は、もう少し「ヘルマドンナ」を軌道修正してみたかったです(笑)。

一般書

次項に続く



(C) このホームページの全ての画像、全ての文章には、著作権が発生しております。
いかなる無断転載も、無断使用もこれを禁じます。
当サイトを通じて正式に連絡のあった場合にのみ、妥当性のあるものには、
ケース・バイ・ケースで二次的引用などを認可するものとする。

Copyright(C)  Kiyoshi Haraguchi / PinkNut HomePage All rights reserved.
(C) 原口清志