原口清志のコミックス 2


■原口清志の雑誌連載、掲載作品の「コミックス」ご紹介の続きです。
作者の作品に対する自己評価や思い出話などもコメントしておきます。
最新刊の『みるく・かふぇ』以外は、現在「絶版、重版予定なし」扱いで一般書店では入手できない
コミックスばかりでございます(涙、涙、涙)。

■原稿の内容に関しては、画像で「作品内容紹介」のシステムを追加しました。
漫画の一部を読むことが出来ます。


(各サムネイルの画像はクリックすると、大きな画像でご覧になれます。)

◆コミックスの表紙と裏表紙
『作品内容と作者のコメント』 備考

しゃがら
第1巻
(C)秋田書店
作・原口清志


<ダイジェスト>


「かたち」の違い。
「姿」の違い。
それは、そうした様子であり、個性である。という上手い言い方をしていた知識人がいました。
その通りです。
でも、何かしら馴染むまで、なかなか目に飛び込んでくる情報を綺麗に咀嚼出来ないのが人の性(さが)というものでしょう。人の(様子の)個性も、動植物の(様子の)個性も上手く受け入れられない人の方が実は圧倒的に多い。だからこういうテーマをぶつけたくなるのです。

私が異形のものを描きたがる事に特別なこだわりがあるわけではありません。「なんでだか、好きだから。」という理由しかない。異形のものが活躍する漫画を私は好んで描いている気がします。

ラブコメでさえ、「ちょっと佇まいや様子の違う少女や少年」を積極的に描く事が多い。個性だからです。飛び抜けた格好良さやハンディキャップまでも、それは個性であります。

そして、そのキャラクターのドラマにはパワーがあることが絶対条件なのです。(ハンディキャップにさえ、その裏返しには底知れないパワーが潜んでいるものである。)
とにもかくにもドラマ作りをする場合、主人公達は生命力があって前進する事に肯定的でなければならない。

(ストーリー展開の中でないがしろにされてしまうエキストラに対する扱いの釈明には窮するが・・・、そういうのはこういう物語作りにありがちなことで、いずれは主人公達が犠牲者の魂を拾ってくれる事に期待しよう(笑)。・・・と、当時は考えていた(撃沈)。)

私は異形のものにロマンや突き抜けた力強さを求めているのかもしれない。

まぁ、色々な意味で「とんでもない作品」になりましたよ。
『しゃがら』は。
精一杯やったことも、大破綻したことも含めて。

『しゃがら』は、私の「少年週刊誌連載」という「週刊誌」を経験した最初の作品である。
その顛末の一端をここに記しておきたいと思う。

一般書

しゃがら
第2巻
(C)秋田書店
作・原口清志


<ダイジェスト>


2巻目の描写は出だし、波に乗っていました(笑)。


というのも、1巻目も当然「週刊誌連載」(が初体験)だったのですが、単行本1冊にまとめられる尺数180p〜200pほどの枚数が描けたら、いったんお休みする、という計画が出来ていたのです。(実質は"お休み"ではなく、週刊連載ですぐに〆切に追いつかれないように、4〜5話分くらい描きためておくための、連載の一時中断をしようということです。継続して執筆作業は続けておりました。)

それは複数人のアシスタントを常時おいて週単位で仕事をするという作業をすることになる作家(私)への配慮からでした。

私は月刊誌連載までの経験しかなかったので。

そして、1巻目がなんとかクリアー出来た後、「展開を拡げていくことが出来るテーマなのだから」2巻目の突入は、開始時点でそれなりの(週刊誌サイクルの)"馴れ"も出来てきた作家本人やスタッフが、いよいよ手探りの現場体験から本腰を入れた連載の再スタートという形になりました。

だからこそ、みんなが気合いが入っていたのです(笑)。

2巻目の再スタートは、・・・確かに作家本人の我田引水で申し訳ないですけど、頑張ってますね(笑)。

一般書

しゃがら
第3巻
(C)秋田書店
作・原口清志


<ダイジェスト>


3巻目突入です。

ちなみにみなさんがウエブで自由な発言や感想も出来る環境で、(プロは当然のことアマチュアさえも)何かの『作品』を発表・公開する限りは批判批評される立場になることを甘んじて受け容れなければなりません。

多くは、好意的なものも、なんか愛があって批判的な意見も、あるいは単に悪評も、リアクションされるのは有り難いことです。(わさわざ感想するエネルギーや時間を割いてくれているのですから。〜あ、でも辛辣な批判やマイナス・ベクトルのきつい感想は素直に傷付きます・・・です。)

さてさて、そんなこんながある中で、こうした自作の解説欄を設けることに関しては、私にもジレンマはあります。

当時の思い出回想だけを追記すれば、いちばん無難なんだけれど、率直に言って"作家"なんてことを生業にしようとしている人間は"自我が肥大"しているものなんです。〜いい意味、悪い意味ふくめてね。

そこを、つい作家自身が「こう頑張った」とか「ここを見てね」とか蕩々と語るのは、反感も招きそうなのです(笑)。

作品から読み取って貰えること以外の言葉を、描き手は別の場所で語りすぎてはいけないのかもしれませんね。

一般書

しゃがら
第4巻
(C)秋田書店
作・原口清志


4巻目に突入しました。


さきほどの"自作に触れる"話しの続きですが、私がある種不思議な感銘を受けたのは某漫画家さんの「コミックスのあとがき」が、常に謙虚すぎて、
なんかファンの立場からは「そんなことないよっ!いつも感動してるよっ!」と大肯定したくなるような才能の人がいらっしゃることです。

その作家さん曰く、
「相変わらず不細工な漫画ですが・・・」
「私の漫画を買ってくれる人なんてひとりもいないんじゃないか・・・」
「(巻数初期の自分の絵柄をして)あまりの稚拙さに卒倒しそうになります。」
「この世界でこの漫画のことを真面目に考えているのは、自分と担当の編集さん二人だけしかいないんだろうな・・・」
「(この作者の漫画は後年アニメ化された)〜漫画と違って、とても絵がきれいです。」
〜等々。

いや、テレビアニメ化もされDVDも出て、大きな支持を受けている作品をものにしたのだから、そういう作品の作家さんのセリフだとはとても思えないのですが、この「作者あとがきの独白」には意表を突かれました。

それは、内心、自作への愛着と共に、例えば私なども常に抱いている"不安""懊悩(おうのう)"が、実にシンプルに吐露されていることにです!。

読者はおこづかいを使って漫画作品を購読してくれているのだから、「そんな自信のないこと言っていちゃあ・・・」とは思われても、事実、作家の中に棲んでいる"愛着と不安"は、永遠のテーマでもあります。

一般書

しゃがら
第5巻
(C)秋田書店
作・原口清志


5巻目に突入です。
そして、この巻が"未完の最終巻"となってしまいます。

さきほどの話しのさらに続き・・・。

私の漫画も、私には深い愛着があります。
そして、誰よりも自分の作品に"物足りなさ"や"力及ばす"なところをたくさん見つけているのも実は作家本人なんです(苦笑)。

そういう意味では「不細工な漫画になりましたが・・・」という気持ちが私にこそ色濃くあったりします(汗)。

さて、

『しゃがら』は、それまでの作品でも、物語の設定や知識の裏付けになる資料を漁ったり、絵的には、自分のセンスでなんとなくでっちあげて来られた「背景」「舞台描写」に、より具体的な資料がいっぱい必要になりました。

作家個人は、自分の記憶や最低限度の資料で、背景画をわりと自由に書き起こせるのですが、週刊誌連載のペースになると、アシスタントさんたちに手伝ってもらわないと仕事のサイクルが成立しません。

地元、神戸市の繁華街、市街、ちと郊外の方とか、大阪、関西のあちこちの町並みの写真資料をたくさんストックしました。

この5巻目にあたる掲載内容を雑誌発表していた時期から、僅か1年後に、あの『阪神・淡路大震災』が起きてしまいました。

しゃがら『1巻〜5巻』の背景資料として使われた町並みのかなりの箇所が、じつは今は存在しません。
震災で一気に崩壊したからです。

私の手元に残ってる「神戸〜阪神間の町並み」は、いまや、別な意味で貴重な資料となってしまいました。

震災の来る予兆を感じて体調を崩したわけではありませんが(笑)、週刊誌連載の1年間は自律神経失調症を来すまでに至るような猛烈な日々でございました。

それでも、

当時のスタッフは本当によく頑張ってくれました。

そして、載せてくれた雑誌社の度量と、担当編集者さんの熱意に感謝するばかりです。

ことに、担当編集者さんはエディターとしての才能溢れる人材であるばかりか、「編集者さんも、ある種アーチストなんだな・・・」と思えるような人でした。そして地方在住なままの私の所にも足繁く通ってくれるような骨身を惜しまない方でもありました。
この担当氏があればこその作品の船出と航路でもありました。

なのに、結局は週刊誌連載のペース、ノルマに馴染めなかった自分が残念です。

申し訳ありません。

週刊誌連載というものを経験出来たことには、とても感謝しています。

一般書

魔物な彼女たち

全1巻
(C)秋田書店
作・原口清志


このコミックスは、
「しゃがら」とうってかわって小品のオムニバスとなっています。

ことに中盤から活躍しはじめる『美少女霊能者〜"灯無炎羅"』
(あかりなし えんら)が好きです。

というか、最初っからこのヒロインを全部主軸において1巻をまとめるべきだったのですが、「しゃがら」連載中断後にリハビリとして始めた、週刊少年チャンピオンの3話ずつの短期集中連載を全9話分、こうして1巻にまとめたので、いささかイレギュラーな構成のコミックスになっています。

(3話描いて掲載発表、間を少し空けて、また3話描いたら掲載、ということを3回繰り返しての1巻です。)

美少女メガネっ娘・霊能者〜"灯無炎羅"ちゃん主役で、またシリーズを継続させてもいいくらいのキャラクター・ポテンシャルはあったと思うのですが、(週刊誌連載ペースに復帰してくれるのなら、編集部としてもやぶさかではない雰囲気だったのですが・・・)、いかんせん、私の馬力が、週刊誌連載に復帰出来るだけのものには戻っておりませんでした。

こういうキャラのシリーズ化作品は、単純に今でも描きたいし、ネタはたっくさんあるのですけれどね。

一般書

シスターヴァイス

全1巻
(C)秋田書店
作・原口清志

こちらは「帯付き」です。
初版の中の一部のロットのみに
『帯』が付きました。
(C)秋田書店
作・原口清志


週刊誌の時の担当編集氏が青年誌の『ヤング〜』誌に移動になったので、そっちについていって描いた作品です。

月2回発行の雑誌なので、当然、隔週連載でした。

当時は週刊誌連載のムリがたたってリハビリ中の継続だったので、隔週連載さえ、まだちときつかった思い出があります。

※問題は、同じ週刊チャンピオン誌面や、はたまた”青年誌”にリハビリと言えども復帰掲載するのなら、なんでそれが「しゃがら」(の続き)でないのかが、未完の「しゃがら」をまだ読みたいと思ってくださる読者には不可思議だったことでしょう。

・・・あれ?。そういえば、なんで、そうしなかったんだろう?。
隔週でもまだきついのなら、いっそ、月刊誌に移って、月刊誌ペースにしてでも、「しゃがら」の連載が中断でなくて、ひとつのまとまりを全う出来るまで再スタートすべきだったのに、何故か当時はそんな話しひとつも起きなかったですね。

同じ出版社でも、週刊誌と青年誌と月刊誌の連携はなかったみたいです。

え?、私が強くまた「しゃがらの続きを描きたいからどんな形でも誌面をお借りしたい」と望まなかったせいなのかしら?。

なんで、「しゃがら」を再スタートさせなかったのかが、今となっては"謎"なんです。

私はもとより、回りの誰1人「現場に復帰出来たのだから、ぜひ"しゃがら"の中断したところから始めましょう」とは言い出す人はいなかったなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・。

なぜ?(笑)。

漫画「シスターヴァイス」は、これはこれで良くも悪くもないカテゴリーの作品になっちゃいましたね。

"シスターもの"と"悪魔払い(魔物退治)"を描くアイデアに、なんか、もっと大きなひと工夫がなかったかな?、というような事が反省点かな。

例えば"国家錬金術師"なんて独特な世界観まで作り上げている某大ヒット作品や、"学園都市"があって・・・みたいな、そうした"世界観の構築"も肝になってくるんですよねえ。

単なる"シスターもの"ではなく、"エージェント"に仕立て上げるくらいの規模が欲しかったのかも(笑)。

一般書

ピンクナット(PINKNUT)
全1巻
(C)双葉社
作・原口清志


やっちやいました(笑)の、初のHコミックですね。


もっとも、コミックスとしての意匠は、これ、発売当時は"成年誌"カテゴリーではなく、"一般誌"として普通にコンビニ売りされていました。

内容的には、下の『みるく・かふぇ』という明かなアダルトものよりは、まぁ、大人しいものなんですけどね。

今、オンライン・コミックスとして流通しているものが、絵的にも加筆されています。

今、読むと、自分でも「なんでヒロイン、こんな口調にしちゃったかなあ。」とちと反省している私です。
・・・この口調は、今となっては私の好みではないし、キャラクターがますます薄っぺらく褒め言葉ではない、ただバカッぽく見えるだけで「失敗したぁ」と思っております(泣)。

ピンクナット・インクのアンドロイドたちにメイド機能だけでなく、軍事用や公安的機能をもったものが登場して・・・、ピンクたちにも掛け金がかけてあるだけで"とんでもない機能が覚醒する"なんてアイデアがあったのですが、なんで私の漫画は展開する前に終わってしまうかな。

正解は、たぶん余計なことは置いておいて"自然な日常の描写に力を注ぐことの方が大切"なのではないかと思っている今日この頃です。

行間を読ませるとか、想像させる余地を読者に委ねつつ、

じつは日常の描写に深淵、深みがあるんだよ。みたいな。

それが出来た上での、なんかでかいテーマなんでしょうね。

一般書
(C)晋遊舎
作・原口清志


著者、初の『成年指定』コミックスです。
主に、晋遊舎「ポプリクラブ」に掲載されたHコミックを中心に
10本のストーリーが収録されています。

ほとんどの作品が、雑誌掲載時より、大幅な加筆、修正(成年指定なので、当然、よりエロス解禁状態です。)が加えられております。
雑誌でご覧になられた方にも、コミックスならではの「表現」をお楽しみいただけます。


収録タイトル

七番街から君へ/彼女についての噂/巫女と舗道で昼下がり/美味しい店/二階の女教師/特選ファイル課の女/摩由美センセの補導教室/玲子課長 ある日の午後/全10話+あまけページ+あとがき収録


お近くに手頃な書店のない地域の方には、
WEB書店などでも、インターネット通販で買うことが出来るようです。
宜しくお願いします。

成年用


■コミックス未収録作品

「朝な夕なに/番外編」〜16p読み切り「コミックス発売記念」(白泉社/月刊アニマルハウス 掲載)
「センス・オブ・ジャスティス」第1弾(白泉社/月刊アニマルハウス 82p巻頭カラー掲載) 原作者 棟居仁 先生
「センス・オブ・ジャスティス」第2弾(白泉社/月刊アニマルハウス 45p巻中カラー掲載) 原作者 棟居仁 先生
「鎮魂師 K(ケイ)」 (ワニマガジン社/月刊 Chuッ!増刊号「コミック・シコタマ」 26p 掲載)
「シスターヴァイス」のエピソード4編 (コミックスの規定ページ1巻分に収まらなかった連載時の短編4本が割愛されたまま未収録)



(C) このホームページの全ての画像、全ての文章には、著作権が発生しております。
いかなる無断転載も、無断使用もこれを禁じます。
当サイトを通じて正式に連絡のあった場合にのみ、妥当性のあるものには、
ケース・バイ・ケースで二次的引用などを認可するものとする。

Copyright(C)  Kiyoshi Haraguchi / PinkNut HomePage All rights reserved.
(C) 原口清志