■汀(みぎわ)つくも、と読みます。




『銀盤のひょうきん族』 作・汀つくも

■この「ペンネーム」は、私が漫画家として、講談社の『別冊少女フレンド』からデビューしたときに、その後3年間ほど使っていたペンネームなのです。
そうです。私はしばらくの期間、洒落でもなんでもなく、「少女漫画家」として活動していた時期があるのです。
 それは、和田慎二先生や柴田昌弘先生のような、確固たる少女雑誌の中での男性作家ならではのポジションのジャンルを描いていたのではなく、女性作家が描くのと同じ、「ふつうのラブコメ」を、読者に対しては女の子のふりをして描いておりました。(積極的に女流作家を演じていたわけではなく、別に性別を明かさずに、『汀つくも』とい名前で少女漫画を描いていたのですから、結果的に当時の読者からは「作者は女性だ。」と思われていたようです。)
・・・いただいたファンレターからも私を同性として受け入れていることは察する事が出来ました。
 時効ですから、白状しますが、当時、私は熱心にファンレターの返事を書いていた新人でしたから(読者からのファンレターは、いちばん嬉しいものでした。返事を書くのは礼儀だと思っていました。)、返事のお手紙において、ついつい「女性」を演じた文面、言葉使いで文章を書いていたものです。
当時の読者のみなさま、ご免なさい。

■『汀つくも』のペンネームで活動させていただいていた雑誌は以下の二誌です。

●別冊少女フレンド   月刊誌 (講談社)
●ラブリーフレンド「別冊少女フレンドの姉妹誌」現在休刊  月刊誌 (講談社)

(各サムネイルの画像はクリックすると、大きな画像でご覧になれます。)


別冊少女フレンド増刊号、月刊ラブリーフレンド (C)講談社
1983年1月号
(この増刊号の「ラブリーフレンド」は現在休刊)

(ちなみにすぐ上の雑誌表紙のカラーページの色合いに比べて、このページの一番上に置いてある「銀盤のひょうきん族」の扉絵の色合いがくすんでいますが、これは私の彩色の力量のせいや、年代物の画稿のせいばかりではなく、当時、少年誌は4色カラーなのに、少女漫画の中とじカラー稿は3色カラーで、「黒」が使えない分、色刷りが映えないという「経費節約的」差別があったのです。もっとも、さすがに、雑誌の表紙、裏表紙は当時の少女雑誌も4色刷り「フルカラー」でした。・・・今の少女雑誌の環境がどうなのかは知りません。さすがにこんな時代錯誤な印刷差別は、もうないでしょう。と、いうか当時はオイルショックの後遺症のあとで、雑誌業界も長い間大変だったのです。・・・今は今で「出版業界」はメディアミックスのせいで、別な意味で過渡期なようですが。頑張れ、世界に誇る日本のコミック業界!!。)

■実質、少女漫画家として活動していたのは3年間でした。
連載はいただけなかったので、30pほどの「読み切り」が中心でした。
たまにカラーページをいただく事も、50pのスペースをいただいた事もございましたので、少しは期待されていた時期もあったようです。
しかしながら、結果的に500枚くらいの原稿は描かせていただき掲載もしていただきましたが、コミックスは出していただけなかったので、当時の作品を読み返す術は現在ありません。

「少女漫画家」として3年間活動したあと、実は2年間ほど、「会社勤め」のサラリーマンを経験しまして、漫画家としての2年間のブランク期間を過ごしました。少年誌での再デビュー(ペンネームはこの時に『原口清志』の本名にしました。)は、少女漫画家活動中に、講談社デビュー前に白泉社の「花とゆめ」、「月刊LaLa」の編集者様とは投稿家としてお付き合いがあったので、少女誌の編集をされていた編集さんが、白泉社内で「少年誌」編集部に移動になったのをきっかけに声をかけてもらって漫画家活動再開となったのでした。

■このコーナーの目的は二度と陽の目を見ないであろう「汀つくも」の少女漫画を全項、紹介しようというものです。「画稿」などの資料は手元にあるのですが、時間のかかる作業なので、気長に「全てのタイトル作品」公開までには、お時間をいただきたいと思います。




(C) このホームページの全ての画像、全ての文章には、著作権が発生しております。
いかなる無断転載も、無断使用もこれを禁じます。
当サイトを通じて正式に連絡のあった場合にのみ、妥当性のあるものには、
ケース・バイ・ケースで二次的引用などを認可するものとする。

Copyright(C)  Kiyoshi Haraguchi / PinkNut HomePage All rights reserved.
(C) 原口清志