漫画家のお仕事に関して

■過去の作品履歴はこのあとのコーナーで紹介していますが、原口清志は、実は講談社の「別冊少女フレンド」誌がデビューでした。
少女漫画家が出発だったのです。
少年誌デビューは白泉社の「月刊コミコミ」という事になります。(この雑誌は「月刊アニマルハウス」となり、現在の「ヤングアニマル」誌へと系譜が流れています。)

(各サムネイルの画像はクリックすると、大きな画像でご覧になれます。)

月刊コミコミ 1987年3月号 (C)白泉社
(この雑誌は、現在休刊)

■少年誌デビュー後、あらためて講談社では、後日、コミックモーニング誌の増刊号などでお世話になります。

コミックモーニング増刊号、月刊コミックモーニング・パーティー
1991年7月23日号 Vol.45
(「パーティー」は現在すでに休刊) (C)講談社

■漫画家は描ける場所でなんでも描きます。(フィールドとして、何が合っているか、合っていないかはあまり関係ありません。割と柔軟です。)

編集部からの「原稿依頼」があれば僥倖、漫画家はどんな場所でも職人としての仕事をするのがスジです。(新興宗教的なものや偏向しすぎた思想団体からのご依頼はご辞退申し上げますが、「エンターテイメント」や「サービス業」としての仕事なら、イラスト1枚から描くのは、なんでもOKです。)


■作品を描くためのモチーフは色々ですが、あえて全ての作品づくりに関して言える事は、漫画作品のストーリーの中に、「これが描きたい」という1コマの「情景」なり、「キャラクターの表情」なりがあるものです。作家はその1コマ、小説家なら「たったひとつのワンフレーズ」のために、ひとつのストーリーを作り上げるのだと言っても過言ではありません。

それが、例えば「イラスト仕事」なら、イラストのテーマそのものがモチーフである事は当然ですが、その表現の中でも、どこかのささやかな描写のこだわりに作品の全テーマが集約されている事があるのです。

ストーリー漫画で言えば、「描きたい1コマ」というものが、必ずしも分かり易い「クライマックス・シーン」であったり、「キャラクターの渾身のどアップの表情」ばかりだとは限りません。例えば、何げないシーンや、キャラクターばかりではない「遠景(背景)の描写」に万感の思い入れがあったりするものなのです。

どんなジャンルや雑誌が舞台で作品を描いても、「ストーリー漫画」なり「イラスト」なりのプロット、絵コンテを描いているときに、その「描きたい1コマ」というのは必ず見つかります。演繹法、帰納法の両方のアイデアの出し方でも「とっておきの1コマ」は最初から存在していたり、思索中に明確に現れてきたりするものなのです。

週刊少年チャンピオン
1993年15号
(C)秋田書店


■その1コマを描くために、これからも「良いお仕事がしていきたい。」と思っています。どんなジャンル、どんな舞台においてもです。

※このコメント、次項につづく。


●原口清志の作品履歴に関しては、「コミックス」のコーナーでコメントさせていただきます。

(入室方法は、下のロゴをタイトルをクリックして下さい。)


★原口清志のコミックス紹介
(「作品履歴」も兼ねています。)


■商業誌の出版関係者様、編集部の方、お仕事のご依頼もどうぞ。
業界関係者からのご連絡に関しては、当方の直のメール・アドレスや連絡先などをご案内させていただきます。)

E-MAiL

(ホームページを見ていただいた皆様からの、ご感想に関しても、任意でお返事させていただきます。)

Copyright(C)  Kiyoshi Haraguchi / PinkNut HomePage All rights reserved.
(C) 原口清志