まず、このコーナーの最初のページに載せましたように、継続しているホビー(趣味)としてはいちばん歴史の長いのは「田宮模型」を中心とした、プラモデルキットの製作とキット集めということになりますが、コレクション癖は多岐の分野にわたります。

「キットもの」という事では、ガレージキットにも食指をのばしています。

モデルガン、エアーソフトガンというのも、マイホビーの一大ジャンルでした。
(過去形なのは「平成18年エアガン規制」のせいです。0..98J以下の安全なものしか持ってないけど、鑑賞派だけのファンでさえ、オモチャも所持していられなくなってしまったな。)

■もう一方で「オーディオ」というのは中学生の頃から生涯のホビーとして愛好しております。
音楽を聴くのがもちろん好きなのですが、「再生機材」に、ことのほかご執心なのであります。(でも、こちらも「中古家電品の法規制」で補修が出来なくなってしまった。・・・なんという事だ。)

■一枚目の画像から、典型的な「積んどくモデラー」であることが容易にバレちゃいますね。(そのうち、「ハーケン・クロイツ・マーク」もけしからんから、模型での再現もダメという世の中になるに違いない。・・・そんなことはないと思っている模型マニアは楽観的すぎるのでしょうか。)

■右の画像は、じつは私の描いた漫画のキャラクターを、当時、作品のファンになってくれた、とあるモデラー様が立体化してくれたもので、あの有名なモデラーの祭典『ワンフェス』などの個人ブースで少量生産、ガレージキットとして販売されたものです。

 一時期「アカギ屋」さんというメーカーから、パッケージ品のガレージキットとして全国に一般販売もされました。とうの昔に販売終了していますが、どこかの専門店の倉庫には在庫としてまだ埋もれているかも知れません。

興味のある方は探してみてやって下さい。
買っていただければ大変に嬉しく思います。

イルマ というキャラクター、商品名です。→

■しかしながら、このフィギュアも「女性型のヌード禁止」とかという法規制がかかって、市場から駆逐されるのかもしれない。(持っているのもダメとかなったら悪夢だ。)

■ガレージキットのジャンルでは、ことにお気に入りなのが、ハリウッド製SFXムービーのキャラクターをモデリングした「リアル・フィギュア」で、好んでコレクションしています。

■左の画像は、ご存知『ターミネーター2』の「T-800」ホライゾン社製(当時、国内では一時期、青島文化教材社の「アルゴノーツ」というブランド名で発売されていました。)のキットの完成品です。

■シュワルツェネッガー・フィギュアとしても傑出した出来栄えの造形物です。

 当然のように、ジェームス・キャメロン監督の出世作、第一作目の「ターミネーター」は公開当時に「面白い!」と大ファンになりました。
あとはティム・バートン監督の劇場版第1作目「バットマン」と、第2作目「バットマン・リターンズ」は大好きですね。
「リターンズ」のキャット・ウーマン(ミシェル・ファイファー)は実にドンピシャリで素敵でした。
新作映画版の「キャット・ウーマン」は、ヒロインに選ばれた、女優さんはいいとしても、あのコスチューム・デザインとか、どうにも好きになれません。・・・残念。


次のページからは、各ジャンル別に紹介させていただきます。(「美少女フィギュア・コーナー」などもあります。)
すこしでもシンパシーを感じていただける方には、同好の士としてご感想などをいただければ嬉しいです。



具体的なコレクションの紹介は暫し準備中です。



 



bbs_link

collection1


collection