<<前のページ | 次のページ>>


原口清志の『私感・雑感』

☆〜ブログから、「涼宮ハルヒの憂鬱」、その2に移動☆
☆〜ブログから、アニメ「AIR」、そのカルチャーショックと破壊力。に移動☆
☆アニメ『CLANNAD 〜After Story〜』 第18話に移動☆

2009年6月10日(水)
アニメ『CLANNAD 〜After Story〜』 第18話

CLANNAD 〜After Story〜 『第18話〜大地のはて』
      
前回のレビュー(第17話)からの続きである。 
このシリーズのクライマックスは、ここに来た。
    
この第18話には、ムダなものが1ショットたりとも無い。
だから、
100カットの画像をレビュー用に用意した。
                 
私は自らの思い入れのために、各画像にキャプションを添えておく。
  
かつて、これほどストーリーの行間を読ませる演出を、テレビアニメ作品においては見たことがない。

また、各声優陣の力量の凄さにもあらためて感心した。
(「汐」役のこおろぎさとみさんに至っては、やはり神憑りであります。)
 
   
既に前回までに何度も書いたが、
CLANNAD 〜After Story〜 『第18話〜大地のはて』は、奇蹟の回である。

こんな風に始まる。(軽快なBGM) 
 

「駒田(こまだ)」と自らひと声。(往年の巨人軍野球選手の物真似ジェスチャー)
5歳児、汐(うしお)の面白すぎる一芸。(私は思わず笑いました。)


野球好きの祖父アッキー(秋生)のセンスの賜物。(選手が古すぎ(笑)。)
だけど、父〜朋也は「面白くない」と、にべもない感想。
 
5年間も育児放棄していた朋也と(娘)汐の二人旅。
 
走る列車の中。まぁ、はしゃいで(母親に甘えて)騒ぐ余所の子もいる。

それが勘に障る朋也は唐突に隣席の母子を「うっせー!」と怒鳴りつけた。

朋也の怒鳴り声に汐はたじろぐ。(当然、軽快だったBGMは止まる)

「・・・はい、すみません・・・。」萎縮してしまった隣席の母子。

その場の空気を凍りつかせた朋也は、隣の汐がいないことに気が付く。

ぎこちない父娘関係の齟齬を、日常と「楽しいハズの非日常」の中で、
ごく自然と浮き彫りにしてみせた、見事なアバン・タイトルだ。

汐の姿を車輌間のトイレに見つけた朋也は声をかける。

明らかに泣いていた跡の様子が分かる汐。

「泣いてたのか?」
首を横に振って否定する汐。それはウソだとすぐバレる。

「ウソつくな。」
「泣いちゃダメって・・・。」
「え、誰が?。」
「早苗(さなえ)さん・・・。」
「マジか?。意外と厳しいな。」
「・・・でも、泣いていい所があるって。」
「ふ〜ん、どこだよ?。」
(しばし言い澱んでいた汐は、こう答える。)
「・・・おトイレ。」
〜この言い澱みの深さは後で分かる。

遠景のこの距離感と虚ろさは、そのまま朋也と汐の関係を表現している。
(同時にこの話数〜及び、物語全体の最大のポイントの伏線が、ここにある。)
 
列車の乗り換え地点で下車。駅の売店で気まぐれに「オモチャ要るか?。」と朋也が汐に言う。
「なんか選べよ。買ってやるから。」
「うん。」

汐は一所懸命にオモチャ選び。(誰でも記憶にある。子供はオモチャ、夢中で選ぶよね。)

「おい、これなんかどうだ?。」選び迷っている汐に朋也の(素っ気ない)ジョーク。
というか、ここは学生時代からツッコミ入れられるのを承知でボケてみせる朋也流の悪戯心が軽く出たのだが。
(前話の「男の子みたいだな」という、娘に持った印象を受けた、朋也のお巫山戯(ふざけ)のつもりだった。) 
 
ところが、目を輝かせる汐。(気のない)ジョークの買い物がマジになる。

買ったのは「不細工なロボット人形」だった。・・・なのに、汐ちゃんは夢中。

列車を乗り継いだ旅は、その夜の宿でのこんなシーンに、話のポイントがあった。

前話の頃や今回の話数の序盤に比べて、
汐に語りかける朋也の目線が下に降りてきていることにお気付きだろう。

・・・でも、それはすぐに、また距離をとってしまう。
汐が「ママのこと、おしえて」と、朋也に聞いたからだ。

「早苗さんに訊けよ。」
「きいてもおしえてくれないから。」
「(ちっ、俺から訊けってか・・・。)」
「早苗さんに訊いてくれ。俺からは話してくれなかったって。」

朋也は、直視したくはないことからは(渚の死。そして、それ以前の幸せだった思い出全てから)逃げていた。

翌日、旅はいよいよローカル路線に。
(こういうローカル線に乗ったことあります。ドアの開閉が乗降客の手動なんだよね。
運転手だけで、車掌もいなくて自動ドアでさえない(笑)。)

長旅でだいぶお疲れ気味の幼児。
(じつは、朋也にとってもこの旅は「早苗さんが立てた計画通り」の旅程をなぞっているに過ぎない。)

その旅行計画の辿り着いた目的地のひとつが、この場所、「向日葵畑」であった。
黄色い他の花畑と混合しているようにも見える。

「(わぁ〜、すげぇな。)」朋也もこの景観には感嘆する。ましてや汐は・・・。

その汐の感動を悟った朋也は、ここで気さくに肩車してやるのである。

大人の目線を超える位置から眺める景色の広いこと。素晴らしいこと。

「ぅわぁ〜〜〜、すっごーい♪♪」汐の歓声。
・・・汐と過ごすうち、朋也も少しずつ穏やかな気持ちになってきているようだった。
それとも、それは旅の果てのこの土地のせい?。

「ぅわぁ〜〜い♪あはははは♪」花畑を走る汐の右手には、あのロボット人形。

花畑の中から手を振る汐。朋也もことあと手を振り返す。汐、嬉しくて仕方がない。

ところが、しばらく後でしょげかえった汐の表情が朋也の前にあった。

走り回っているうちに花畑のどこかに「ロボット」を落としてしまって見つからないという。
一緒に捜しても見つからない。
「汐、諦めよう。帰りに同じの買えばいいよ。」

「・・・あれが、いい!。」

何にこだわるのか、諦めきれずに捜し続ける汐。

その姿を離れた木陰から眺めていた朋也。突然、過ぎ去った過去の光景が重なる。

「はっ」となる朋也。記憶の回帰。

ざわざわとする胸。この場所この光景には見覚えがある。自分と「あの人」がいた。

早苗さんに目的地を決められていた今度の旅。
汐に声をかけておいて、ひとりで心が指し示す方向に誘われる朋也。

岬の高台のような所。
辿り着いたそこには、朋也の父、直幸(なおゆき)の母である史乃(しの)が待っていた。
(つまり、朋也の祖母。)

史乃は、渚の母、古川早苗からあらかじめ朋也がこの日にここに来るであろうことを伝えられていた。
孫・朋也に史乃は若かりし直幸と、その妻・「あつこ」のことを話して聞かせる。

「あつこさんも直幸もまだ学生でしたから、周りは結婚に反対したのですけど」
「直幸は高校を中退して、二人で狭いアパートで暮らしはじめて」
「・・・でも、幸せそうでした。」

「〜やがて、あつこさんはお腹に貴方(朋也)を宿し」
「ささやかな祝福の中で貴方が生まれてきたんです。」
 
それは、愛し合った朋也と渚の間に新たな生命が芽生え、
限りない幸せを約束していたハズの、かつての朋也たちの姿にそのまま重なっていた。

その史乃の語りのシーンに挿入される絵は朋也の心象風景だ。
 
妊婦・渚の姿が消え、
差し出された小さな手のひらが
「汐と朋也だけの二人」のシーンになる絵はドキリとさせられる。
(渚はいない。父娘ふたりだけ。)
そこにある距離。でも、目の前。汐は手を差しのべている。

このシーンのあたりに流れるBGMの空気感も、
屹立としていて儚いものを描写するのにふさわしい名曲の数々である。

妻を事故で失った直幸が、幼い朋也と新たに旅立っていった、それがこの場所。

朋也は、まざまざとその光景を思いだしていた。

父、直幸との二人の暮らし。それは寄り添い合う濃密なものだったのだろうが、

父子二人だけの生活は、時に二人にとって辛いこともあった。

直幸は、酒に溺れて親子間でさえ諍いを起こしてしまう弱さもあった。

そこには、妻・渚を失った悲しみから立ち直れず、

幼子、汐に淋しい思いをさせてしまっていた朋也自身の姿も重なる。

こうした心象風景の切り返し(cutback)は、一切の説明がなくても恐ろしいほど効果的で、
静かな史乃の語り口以上に雄弁な「行間を読ませるチカラ」がある。

朋也が痛烈に何を感じているのか、それが朋也が寡黙なままでいるほどヴィジュアルだけで伝わってくる。
 
そっと、朋也の頬に手をのべる祖母・史乃。

時に人は大切なことを忘れがちになる。
人はたゆたうものだし何かが変わることもある。
軋轢もある。

でも、朋也は、あるべき自分の立場や、父・直幸の尽くそうとしていた本来の覚悟を悟る。
はっきりと思いだしてもいた。

自分には、幼かった時に「あんなに優しかった父親」がいたことを。
 
朋也は史乃と花畑まで戻る。汐はまだオモチャを捜していた。

「ずっと、捜していたのか?。」
「・・・うん・・・。」

「そうか・・・。」

そう言いながら、朋也はあの日の父の姿を思いだしていた。

子供と同じ目線。

その位置まで、はじめて朋也は汐との距離を縮める。汐も「はっ」となる。

「汐・・・、あのロボット・・・な。(もう)見つからないかもしれない。
仕方ないんだ。・・・だから、また新しいのを買おう。な。」

汐は、小さな拳でスカートを握りしめながら、しかし、しっかりと答えた。
「あれ、ひとつだけだから・・・。」
「?・・・。売店にたくさん売ってたろ?。」 

「・・・選んでくれて、買ってくれたものだから!。」
「え?。」

「はじめて・・・、パパが!。」

汐のその言葉に「はっ」となる朋也。(ここからBGMが入る)

汐の言葉の重さ、思いの重大さに一瞬、視線を落とすしかない朋也パパ。
(※こうした演技付け、キャラクターの心理を考えれば、このシーンに限らず、
このドラマの「人間」というものを描くことに、力を尽くしている真摯さ、深さは見事である。
第18話、ラストシーンに至るまで、演出も神憑りである。)

(そうだよ!。おまえ「パパ」だろ!、朋也!。←これは観ていた私の心の声) 

「・・・汐、淋しかったか・・・?。」
「・・・うん。」
「俺なんかと旅行して楽しかったか?。」
「・・・うん!。」
「・・そっか・・。・・・汐。・・・オレ、側にいてもいいかな?。・・・ずっと、長いことダメなパパだったけどさ。」

「これからは汐のために頑張るからっ。だから、側にいてもいいかな?。」 
汐は「うん、側にいて欲しい。」と答える。

「・・・でも、今日は大切なもの(パパに買って貰ったロボットを)なくしたから悲しい。
・・・パパ、あのね。・・・もう、ね。ガマンしなくていい?。」


ここのカットバック(cutback)は、殊更に凄い。
「早苗さんが言ってた。・・・泣いていいのは、おトイレか、」

「パパの"むね"の中だって・・・!。」

朋也ははっきりと悟る。大きく頷く。「うん!、うん!。」

汐は、なくしたオモチャの事だけを言っているのではない。
今こそパパを確かめたかったのだ。

朋也に駆け寄り抱きつく汐!。

耐えて耐えて、抑え続けていたものが弾ける。

ひきつけるような小さな嗚咽が、泣き声になる。

朋也が小さな身体を強く抱きしめる。この父娘は、今、本当の固い絆を結んだ。
・・・いや、「深くて固い絆」があることを、ようやく理解したのだ。
5年もかけて、はじめてひとつになる父娘。

熱い涙と、大きな鳴き声、

それは、今、この時だけの感傷ではなくて、汐の幼い魂一生分の、これまでの「涙」全てだった。

「悲しいこと、淋しいこと、辛いこと」今までの全てが溢れ出した涙だった。

夕日の中で、今、確かな絆に抱かれて、
「(早苗さんの言っていた)泣いてもいい場所」で思いっきり泣くことが出来た。
朋也は今、5年分の汐の思いを抱きしめていた。


・・・この「おトイレのショット」と「花畑の夕日」のショットを続けて重ねている絵は、私たちを打ち震わせる。

悲しくて悲しくて、そして喜びで「目が溶けてしまいそうなほど熱い涙」だった。
 
こんな行間を読ませる演出をかつて、これまでのアニメで見たことがない。
ホームドラマだからこそ、凄い。

 
渚の母、早苗さんが、娘の忘れ形見「汐」を我が子同然に育てながらも、
あのやわらかい笑顔と物腰のまま、凛として守っていたであろうことが容易に読み取れる。

「パパ朋也」の存在や、「ママ渚」のことを、どれほど汐に話して聞かせていたであろうか。
なのに、肝心の所や詳しい所はつまびらかにはしないで、
この幼い魂に『いつか、自分で確かめてね』という示唆を与え続けていたのだ。
そんな情景が容易に、この一連の演出の中には読み取れる。
 
それを守り続け、心に刻みつけていた汐の健気さが、また凄い。
 
こうした行間を読み取らせる演出は、リアルタイムにおいては、言葉や理屈ではなく、
エモーションだけで私たちに迫ってきていた。
 
だから、この場面、泣かずに見ていられる人なんていたのだろうか?。
 
(そんな人がいたら変、という究極の暴論を口にしそうなほど、私は泣きましたよ。何回見ても、この話数は泣く。)
 
それにしても、朋也と祖母・史乃を引き合わせて、
父・直幸への(朋也の)頑なな拒絶心を解くきっかけを用意していたのも「早苗さん」だったし。
・・・それらは「賭け」でもあったろうが、
『朋也を信じる心』の方が「早苗さん」にとっての核心ではなかったろうか。

ところが、第18話、まだ、このあとがあるのである。
 
旅の帰路。また走る列車の中。夕日が美しい。

ここで、朋也が能動的に、汐が訊きたがっていた『ママ・渚』のことを話そうとする。
汐を隣の席に呼び寄せて朋也は語り出す。

でも、しばらく澱みなく渚の思い出を喋ったところで、朋也の様子がおかしくなる。

「それで・・・。え、えへへ。・・えっ、と、・・・それで・・・。」

汐は、その様子をじっと見つめている。

「それでな、・・・ママは・・・。」朋也の目に見る見る涙が溢れてきた。

朋也自身がまざまざと悟っていた。

『渚・・・!』

たぶん。亡き妻のことをこれほど直視して考え、思い出を辿ったことは、
彼女の死以来5年間で初めてのことだったのではなかったろうか。
(・・・凄いショットだ。・・・この朋也の「涙の横顔」は・・・。)

出会った頃の渚のいつもの笑顔。

二人で暮らし始めた頃の渚。

その温かくて幸せな生活。

折れてしまいそうになった自分を支えてくれた渚。

あの日、あの時、朋也をしっかりと支えてくれていた手が、

結婚指輪をしたままのか細い手が、力なく落ちて、永遠に去っていってしまった。

渚!渚!・・・。5年前のあの日から心を殺してきていた朋也も、今、泣いていた。

小さな手が朋也の腕を掴む。

パパの様子を、娘・汐は敏感に悟っていた。

・・・もらい泣きなんてものではない。

「なんだ、お前まで。」

「悪かったな。ちょっと、ママのことを思いだしたんだ。」

愛娘の涙を手でぬぐったパパは、「よし、じゃあ、(ママの)話の続きだ。」

そう言いながら汐と手を繋ぐ。

『渚、見つけたよ。・・・やっと、見つけたんだ。』

『俺にしか守れないもの。』

『俺にしか守れない、かけがえのないもの。』 
愛娘と手を繋いだ朋也の前に、ママ・渚も戻ってきていた。

本当は、いつも側にいた。
「絆」は簡単に生まれたり消えたりするものではない。
気づけるか、気づけないでいるかだけなのだ。
 
笑顔は、いつもそこにある。



(『俺にしか守れない、かけがえのないもの。』)
『・・・それは、・・・ここに、あった。』
 



アニメ『CLANNAD 〜After Story〜』 第18話は、この物語のクライマックスで、大きな成就地点だった。
 
泣くこと=感動という単純な図式ではないし、まぁ、最近話題の脳科学的には「歳をとるほど涙もろくなる」ということらしいから、全ての視聴者に当てはまることではないのだろうが。

それでも、私は泣いた、号泣した。
 
それが、私の「(涙もろくなった)老化現象のせい」だとは誰にも言わせない!(笑)。

少しでも、不快な不協和音の混じる、「泣ける話的」な作劇には私の心は微塵も動かず、シナリオライターや演出陣の欺瞞ぶり、稚拙さに憐れみさえ感じてしまう。
 
だが、この作品、この話数は特別なステージにある「珠玉」だ。
少なくとも、この第18話までに至るまでのストーリーの流れと、この話数の「奇蹟の演出」、「絵」、「音楽」、「声優陣のチカラ」はMAXに結実している!。
 
「本物」だ。
 
で、私の個人的な感想だが、『CLANNAD 〜After Story〜』は事実上、次の「第19話/家路」と次々回「第20話/渚の戯れ」で完結している。 
 
「第20話」のラスト〜次回に続くくだりとして、不安な材料を提供する辺りから以降、最終話の第22話、番外編・第23話はなくてもいいのだが(笑)。

これは暴論ですか(笑)。
 
この事については、また機会をあらためて書きましょう。
精査すると、結局は「ゲーム原作」通りにアクロバットな物語のトレースをしながらも、アニメ流の解釈を加えたエンディングには、感心するポイントもある。
 
そこで、私の「物語論」を少し披露します。
            
私は『CLANNAD 〜After Story〜』の「第14話〜第20話」まで辺りは、本当に繰り返して、よく見ています(笑)。
  
名作です。
                          
 

2008年5月10日(土)
それはそれ。これはこれ。

ブログも管理しているので、WEB日記の方がすっかりご無沙汰だ。
 
ただ、なんとなく気が付いている人もいるかもしれないが、この「WEB日記」は大変な長文になる事が多い。
日記というより、論文になっている。
 
つまり、そういう長文、駄文の発表の場にこちらは使いたい。
となると「WEB日記」というタイトルを変更するべきかもね。

ということで、『私感・雑感』と名称を変更します。


アニメ『R.O.D』のOPアニメは、とても素敵







これまで見た、お気に入りアニメのOPでも特筆すべきお洒落感がある。

2007年10月21日(日)
アニメ「AIR」、そのカルチャーショックと破壊力。

さて、感想文を予告しながらも、ずっと書くのが遅くなってしまったアニメ「AIR」について。

「1000年目の夏」、不思議なキーワードから、このドラマは始まる。


近年のアニメ史において

初回BS放送時に本編わずか12話の1クール作品にして、その感動の巨人ぶりは圧倒的

 
情報に疎いタイプのアニメ・ファンが、涼宮ハルヒにハマって、「涼宮ハルヒの憂鬱」→「京都アニメーション」→「AIR」という図式で辿り着いたケースは多いのじゃないかと思う。

つまり、2005年にBS放送された、このアニメをリアルタイムで見ていないということ。

「今頃、何を・・・」と思われるアニメ・ファンの嘲笑を受けつつも、素直に私もそのひとりです。とあえて胸を張る。
  
友人にディスクを借りて、「テレビ・アニメ」版を一挙に全話見ました。(今年の夏前かな。本編放送のあとに追加放送された「Summer編」も含めてね。全14話を見たわけです。)
その時から私はいささか近年にないカルチャーショックを受け続けています。(オーバー・・・じゃないです。)
 
「涼宮ハルヒの憂鬱」もたいそう面白かったのですが、私は「泣きゲー」や「Key」作品、「折戸 伸治(おりと しんじ)・戸越 まごめ(とごし まごめ)ミュージック」、「鳥の詩」というキーワードに皆目予備知識がなかったので、既にこの作品を18禁ゲーム時代から知っている人にとっては、私がどれだけ本作によって強烈な『破壊力』で打ちのめされたか、容易に想像がつくと思います。
(ちなみに、本作がアダルトゲームであったスタートを不思議に思う気持ちは皆目ない。結果的に優れたシナリオにHシーンまで描く必要はなかったのだが、あればあったで、悪くもない。SEXで昇華する様子、その営みを自然な事と受け流せて、「妻です」、「夫です」、「彼女です」、「彼氏です」と、世の男女はパートナーを人様に紹介しているわけだから。物語や作品でそれを描きこんだからと言って「アダルト」!という短絡なくくりもかえって妙・・・と書く方が妙ですか?(笑)。)
 
で、そういうことはともかくとして、なんの予備知識もなく、このアニメを見ると大変にショックを受けることになります。
ドンパチや戦争アクション、バイオレンスやホラー、ロボットやSFものなんかよりも日常風景の(少し郷愁に満ちた懐かしさがあって都会的なものではないのですが)丹念な描写の中にこそ、凄いインパクトが潜んでいます。
その覆い隠されていた真実の『破壊力』には、下手なアクションものを軽く凌駕して、視聴者にトラウマを残すほどの威力があるのです。


 
『AIR』
 
最初に全話を見た一晩目、感動と言うより、咀嚼し切れなくてひどく辛かったです。

借り物で視聴したものの、結局、DVDを買いました。買わずにはいられなかった。借り物をしばらく持っているのではなく、自分の手許にずっと末永く置いておきたい映像作品にあっさり格付けされたからです。
繰り返し見ました。
ストーリーもそうですが、京都アニメの動画や美術、技術が半端ではないから、見飽きません。 
 
京都アニメがスクールも持っていて(なにかしら人材や人件費、人海戦術の点で有利に機能している面があるような気がするけど)、そもそもが会社設備として外注に出さなくても、アニメ製作に必要な色々な分野(彩色、撮影、デジタル・エフェクトなど)が自社内でまかなえているらしい点も余所にはない強味なんじゃないでしょうか。
脚本、演出、原画、動画、色指定、美術等々に至るまで、顔見知りのスタッフと隣同士で(語弊のある言い方だが、それほど簡単ではないにせよ)ひとつの作品を凄い集中力で仕上げていく様子は門外漢にも、今時の他のアニメーション製作会社に比べてステージの違うところにいるアニメ会社のような気がする。
  


『AIR』
もとは美少女Hゲームのジャンルで発売されるも、シナリオの凄さに
Hシーン抜きの一般ゲームとなり、恋愛アドベンチャーゲームとして、
ドリキャスやプレステ版に移植され広く浸透(していたらしい)。
原口は全く知らなかった。
一般もアダルトも含めて、PCゲームやテレビゲームをここ10年近くはまるでやらないし、このジャンルには意外と疎いのだ。




アニメの冒頭、ヒロインの初登場シーン
神尾観鈴(かみおみすず)
一発で、心を惹かれる優れた動画と美術の圧倒的な画面の美しさ。




このキャラクター・デザインが馴染めないという人もいるらしいが、限りなく原作の樋上いたる先生画に近いとはいえ、
アニメ作監の表情の付け方のセンスと、絵的なボディバランスは、私にはストライクだった。




再度書きますが、私はこの作品に関して白紙状態だったので本当にカルチャーショックだったのです。「泣きゲー」というものに関しても白紙でした。
 
・・・あの絵柄(いたる画っていうんですか?・・・樋上いたる(ひのうえ いたる)先生、ご免なさい。今ではファンです)だけで避けていた分野だったのですが・・・。
テレビアニメ版のクォリティとシナリオ解釈は凄い。(アニメを見た後にPC版ゲーム18禁までヤフオクで手に入れてやってみました。それで、まぁ、7〜8年前に世に出た原作ゲームのシナリオ自体が本当に凄いと分かったのだけど・・・)あのアニメ版のスタッフの演出や編集力は尋常な力量ではないですよ。
原作の膨大な情報量を大きく昇華させながら、よくまぁ1クール分のサイズにまとめたものだ。
 
私にとって、あの(大きすぎる目と、鼻と口が真ん中に寄った独特なバランスの)苦手だった絵柄まで、アニメ作監のバランスの取り方の巧さで、原作ファンも勿論納得させたであろうし、私のような(ギャルゲー)食わず嫌いな視聴者まで一発でねじ伏せた。(BSテレビアニメ版に関してのみ、はっきり言ってああいう絵柄の『ファン』になったくらいです。・・・余談ですが、劇場版「AIR」は私の尊敬する出崎統監督が、その栄光のフィルモ・グラフィーで大チョンボをしてしまった作品だと率直に思っています。原作や京都アニメーションを知らなければ、あれは立派な「世界の中心で愛を叫ぶ」アニメ版なんですが・・・、「AIR」ではない。)
 
一方、テレビアニメ版の「Air」は全てが奇蹟のように素晴らしい融合をする。
そのキャラクターの演技をサポートする美術、構図の美しさ。
動画力の執念。
声優陣の演技の見事なこと。
 
なによりもオープニング主題歌で心を鷲掴みにされてしまいました。
鳥肌ものの感動です。
 
「鳥の詩」(今まで、知らなかったのが勿体ない)。
そして劇中のサントラも全てが素晴らしい。
挿入歌も感動的。
 
・・・見た後しばらくは条件反射がついてしまって、「鳥の詩」と「青空(観鈴と晴子母娘のゴール・シーンに流れる、あの曲)」を聞くだけで、うるうるしてしまう有様なのだ。
今でも、同様かもしれない。



主人公、国崎 往人(くにさき ゆきと)、
観鈴のくれた「どろり濃厚ジュース、ピーチ味」を握りつぶすして廃棄処理の図



「どうして、そんなことするかなぁ!?」観鈴の精一杯のM的な非難のセリフ
この「〜かなぁ」という口癖は、あまりに可愛くて
お兄さんたちだけに届く萌えニュアンスかと思ったらそうでもない。




まず、楽しく入る観鈴や神尾晴子(かみおはるこ)のセリフ、演技は、
「このシナリオの日常風景の描写とキャラクターへの感情移入のしやすさ」なら
アニメという枠を取り払った「人間ドラマ」としておばさんあたりにも通用するのじゃないかと思って
韓流ドラマの好きな母親に試しに見せたら、どんどん引き込まれて楽しく見ていた。
(もともと、「X−ファイル」とか「24-TWENTY FOUR-」も夢中で見る母親なので、受け入れるだろうという予想はあたった。
うちの母親、普段アニメはバカにして見ないのだ。ところがそういう
年配層にも『AIR』はドラマとして受け入れられた。



テレビ版が成功しているひとつの要因として、原作ゲームの雰囲気よりも、絵的に大人な国崎 往人が好感度が高い。


 
この作品で、打ちのめされるのは「家族の絆」の残酷さや暖かさを描くシナリオと共に、翼をもつ少女と、ヒロインの観鈴(みすず)の話、その観鈴の描写があまりにも辛すぎるからである。
 
作られたシナリオとして流し見られないのは、演技付けの巧さも相まって人の病や痛みをダイレクトに受け取ってしまうからなのだった。
 
観鈴の病は絵空事ではなく、現実の病の苦しみにある人々の痛みを容易に想起させる。
 
ましてや、「可哀相な人が世の中にはいるな・・・」ではなく、現実にそんな病気や精神状態の人を身内や知り合いに心当たりのある人にとっては(ましてや、まかりまちがって病の当事者が視聴者にいらっしゃるとしたら)、このアニメ、とんでもない辛いストーリーとなる。
しかし、そこを下手な実写ドラマなんかでかつて見られなかったほどに(アニメにおいては過去に皆無)で真っ正面からストーリーの成り行きを見せつけられることになる。
 
目がそらせないのだ。

私も親類に、ずっと以前に20歳くらいで亡くなった女の子がいる。現代医学では不治の病とされる難病だった。
(具体的な病名をはっきりと覚えているが、それをここに書くのはデリカシーがない行為なので書かない。医学の進歩はめざましいが、その病は今も治癒方法が不明だ。)

綺麗な女の子だった。

その子の田舎の近所に遊びに行ったとき、私が知らないうちに、女の子の本家と近場だったその家に遊びに来た彼女は、そこで昼寝をしていて寝とぼけた私の顔をいつの間にか覗き込んでいた。
自分の存在を気づかせて私を起こそうとする意思はあったようだが、露骨に起こしにもかからないで、人の寝ぼけ顔をしばらく見ていたのだ。季節は夏の終わり頃のことだったろうか。
意識がはっきりして吃驚した私に笑顔を見せた彼女の面影が私の記憶に蘇る。
どういうつもりだったのだろう?。その時に事の真相は何故か聴かないままに普通の日常会話に移行しただけだったが・・・。
そんなに特別に仲良くして、濃密な時間を過ごした仲でもなければ、どちらがどちらかに思い入れがあったわけでもない。
あくまでも血のつながりのない遠縁の親戚であったにすぎない。
彼女が人の寝顔を覗いていたというのは、茶目っ気はおおいにあったのだろう。

その女の子が17〜18歳くらいで、まだ一見元気に見えていた頃の話だ。(彼女は私の記憶の限りでは、小学生から中学生になる頃くらいに病を発症していた。ゆるやかで長い闘病生活だった。最後の方は苛烈だったと思う。それでも彼女の17〜18歳くらいは、普通には溌剌として見えていた。・・・でも、そんな大変な境遇だったことを知ったのは、その短すぎた晩年に彼女が病室から出られなくなったとき・・・、いや、もっと遅く、彼女が亡くなってから「そういう病気だったんだよ、あの子は」と知らされたのだ。私は、ずっと迂闊な付き合い方をその子としていたなと、あとで知ったわけだ。)
その頃、私もまだ二十歳(はたち)くらいだった。漫画家デビューもしていてない。

その女の子が2〜3年後に亡くなったときに、病院は関西でも有名な専門病院で、彼女の病気の性格上から、家族に他の同種の患者のために「献体(研究のために解剖とかされるんだよね、きっと。献体なんだから。)」を依頼したそうだが、亡くなるときに「娘を返して!」と誰に向けるでもなく泣きわめいていた女の子の母親は、そんなことを受け入れるはずがなかった。
彼女は別に医学界に貢献するわけでもなく短い一生を閉じた。

自然と、私の経験則からでもそんなことをリアルに思い出させてしまうアニメなのだ。「Air」は。

萩尾望都先生の「アメリカン・パイ」という作品の一節までも思い出す。
本当のところ、人が死ぬと言うことは、その人の事をつれづれに思い出すことは出来ても、もう『呼んでも呼んでも、返事がない』のだ。
どんなに呼んでも返事はないのだ。
そうして、過ぎゆく年月の中で、やがてはそんな思い出までもゆっくりと忘れ去られていくことなのだ。

観鈴のシナリオは、そういう話だと予備知識なしで見始めた私にはショックだった。
(20年ほども経って、まさしく私が記憶の端に追いやっていた、・・・非道い言い方をすれば、忘却しかけていたその女の子のことを、まざまざと思い出させたからだ。)
 
こうしたショック度は他のヒロイン、美凪(みなぎ)や佳乃(かの)のシナリオに関しても、違うアプローチで胸に迫るものがある。
 


変な生物(のら犬だと思うのだが)ポテトと、二人目のヒロインとして登場する佳乃



ショートヘアーが素敵です。
ヒマヒマ星人1号。ただ、ヒマなだけなそうである。
くるくるんと人差し指を回して自分の頬を指す佳乃の仕草。



彼女も「動」のキャラで、よく動く仕草に、このアニメの動画力が自然に認識させられる。
観鈴も動きまくる。堤防の上で、スカートを膝裏にたたみ込みながらかがむ仕草やら、
そのままの姿勢で往人ににじりよる所作。
観鈴と往人が堤防の上を行進するように歩く姿は、二人の歩調歩幅の落差で、観鈴がなんとも可愛い歩きをする。
佳乃と往人が並んで歩くシーンのバストショットで、歩調に合わせて髪がゆれ続ける様子。
テレビサイズのシリーズで、そこまで丹念な描写をする、・・・こんなアニメは、それ以前にはなかったと記憶する。



ただ、三人のメインヒロインの中では、このアニメの中ではサブに回っている感じが強いかな。佳乃。
但し、その伏線話として彼女の遠い過去の時空を超えた翼人の羽根にまつわる話が「子守唄」で終わるあたり、
亡き母親と会って戒めのくさびを断ち切るシーンが泣きである。



三人目のヒロインとして登場するのが遠野美凪(とおのみなぎ)。
そして、その妹、みちる。
美凪の妹、みちるがシャボン玉を飛ばせない描写や、シャボン玉を吹き続ける美凪の姿。

ここに野口雨情のシャボン玉の歌、
あの『シャボン玉 飛んだ 屋根まで飛んだ 屋根まで飛んで こはれて消えた』
(野口雨情が当時、幼子を亡くした自らの気持ちを歌にしたと云われている)
〜『かぜ かぜ 吹くな シャボン玉 とばそ』
(この歌は密かに反戦歌としても後に巷間で歌われた)が、みちるの存在性の伏線になってるなんて美凪シナリオを見終わる間際まで気が付かない。

美しくも丁寧な伏線だらけの作品だ。(みちるの初登場シーンから9割は、彼女、町の浮浪少女として出所不明で描かれていたので、先にズバリと書いてしまった、美凪とみちるが姉妹だという構図は、ずいぶんあとにならないと分からない。)



元気なキャラほど、あとで泣かされるのは、このみちるも「Kanon」の月宮あゆも同じ。



美凪とみちる、姉妹の別れのシーン。
(なんで、こういう別れのシーンがあるのかは、ここでは書かないけど)




このシーンは最初に見た時より、2度目に見たときの方が私は「あううっ・・・」と来るものがありました。



でも美凪とみちるのシナリオは、この別れのシーンのずっと後、観鈴とかんなのシナリオまで全てが終わった後に
ラストでは本当に救われるんだよね。




主題歌の出だしの歌詞『♪消えるひこうき雲♪』というのも死んだ子を暗示している。・・・これは観鈴そのもののテーマでもあり、勿論、1000年前の平安時代の姫様、神奈備命(かんなびのみこと)"かんな"にもダイレクトに繋がる。

(このアニメのいちばん最初に繰り返し挿入される、「1000年目の夏」のフレーズは、物語が中盤を越えて、唐突に平安時代の話に大きくシナリオの分岐が押し戻されるまで、随所に暗示はあっても、咄嗟にはなんのことだかわからない展開になる。こういう大胆な構成は「ホームドラマ」、「家族の話」として現代劇のくくりでしか見ていなった視聴者にはアクロバット的な展開である。アクロバット的な展開と言えば、主人公の国崎往人が○○○になってしまうというシナリオが先に待っている。でも、視聴者が目線を変えて知ることになる、それまで見えていなかったドラマの真実を補足していくこの展開は、ユニークだし、お見事としか言いようがない。)

他にも「死んだ子」へのレクリエイムの要素は作品のあちこちに、なにかしらの暗示を与え続けている。
 
「1000年目の夏」のキーワードになる翼人の少女"かんな"消滅の最後のシーン、そして、ある意味のはじまりのシーンは大きな衝撃である。
 
衝撃度が強烈なので、観鈴の「ゴール!」があっても、まだ終わらないのだ、この物語は。
 
物語の最後の最後、カラスの「そら」の飛翔シーン。
孤独な何かが今も彼方に飛翔し続けている暗示。
(不思議なラストの子供ふたり、これも終わらない旅を示唆する。海岸線の向こうにあるものを多分知っているという男の子たち、「今ならその先に待つものが分かる、僕らは・・・。」
でも、私には未だに何が見つかるのかが分からない。)
かんなと観鈴のゴールの意味は理解出来たが、その先にまだあるもの?。それが分からないで悩んでいる。

そして、また「Air」を見る。



神奈備命(かんなびのみこと)
星の記憶を継ぐもの「翼人(よくじん)」最後の伝承者。
彼女の悲劇が1000年目の夏、観鈴まで引き継がれることになる。




かんなの声優さんに関しては、個人的にどうなのかな、という感想はあるのですが、
原作ゲームにあったシナリオでSUMMER編が最初の放送分12話で、大きくこそげ落ちていたので、
あとから「AIR in SUMMER」としてアニメ化された。
やっぱ、泣かされた。かんなのテーマ曲とも言えるサントラの『月童(つきわらべ)』は、
その曲を聴いているだけでも私はじんわりと来る。




余談だが、不思議な犬(生き物)のポテトが何なのか、よく議論されるが、私は国崎 往人の転生した「カラスのそら」たけでなく、観鈴、かんなの話はパラレルワールドのように、同時進行で世界中のあらゆる場所にありそうな気配を感じる。
ポテトも「そら」みたいに、もとは人間で、次の転生でまた人間になったりするんじゃなかろうか?。
 
閑話休題。
 
ところで、家族と云っても父性の存在や目線があるのは主人公、国崎 往人(くにさき ゆきと)や柳也(りゅうや)がそれにあたり、主軸は母と娘の絆のお話である。
脚本の麻枝准さんのシナリオには、そういう傾向が強いと言われているが、「母娘」に家族の核心があるシナリオで父性の存在が希薄に感じられるが、決して無視されているわけでもない。
「母娘」のシナリオを父性の目線で大きく俯瞰しているシナリオだとも私には思えるのだが、いかがでしょうか?。
 
私はこのアニメを見て、家庭を築き、子供を立派に育てている人こそ「核心」、「力(ちから)」と素直に思ったものだが、そういう絆とちょっと縁遠いライフスタイルの人も何らかの形で、身内や他人の家庭であっても世の中の「家族」というものに関わるスタンスを持つべきだなとは素直に思ってしまった。
家族というのは血縁関係だけでなく共にある人たちを家族として捉えてもよろしい。(動物も入るのか?家族なら)
 
自分は自分のために生きるけれど、人が人のために生きなくてどうしようというのだ。
(その対象に動物も入るのか?家族なら(笑)。・・・いや、Keyの作品には人間以外のものが柔らかで繊細な感情をもって関わってくるシナリオも多いので「人ありき!」と限定してもいかんかな?と。)



なにせ、声優人の力量に感動する。



とりわけ、神尾観鈴(声・川上とも子さん)と神尾晴子(声・久川 綾さん)は秀逸。



物語りの出だしは漫才なのだが、中盤から終盤のクライマックス
このアニメに好感をもって見続けていたいた人なら100%絶対に泣かされる。

川上とも子さんの車椅子ごと倒れたときの「が、がぉ・・・。」とか

そして



極めつけは、観鈴のゴールシーンの1話前のエピソード、第11話。
記憶不明瞭になった観鈴が、いったんは母親として拒否していた"晴子おばさん"から引き離されると知ったとき、
夕暮れの波打ち際で遠くから晴子に向かって
『ママぁ!!』
と口の形で声なくして叫ぶ一瞬(上のカット)と
もう1カット、2カットロングで『ママぁ!!』、『ママぁ!!』と口が動く
そのあとに音声として
『ママぁ!!』
とはっきり叫ぶシーン。

思わず、観鈴に向かって砂浜の砂を蹴り上げて駆け寄る「母」晴子の姿。(カメラ、下からアオり。)
たたみかける構成。

ここのカメラワークと構図、演出、声優陣の「チカラ」が凄い。



もう、ここで私は号泣です。ティシュ何枚あっても足りん。
何度、見返しても号泣ポイントです。
(このあとの最終話でこちらの涙腺が壊れそうになるのは、もう、言わずもがな。)



いえ、この『AIR』の全編に言えることだが、「京都アニメーション」の構図、画面レイアウトの劇映画を凌駕する構成力は
クォリティがじつに高い。
『AIR』あたりで如実に表れて、以降の「京都アニメ」のカメラワークは秀逸に尽きる。
9対1や8対2くらいに対比構図を置く視野の広い撮り方をするシーンが効果的に挿入される。
意図的にキャラクターをフレームから端に斜めにずらす手法も的確に入る。

動画的には時々「フルアニメ」が、どきっとするようなシーンで、物語前半(後半にかけても)のエピソード・ポイントに何度か挿入される。

さらに、そうして、
ナチュラルな関西弁の久川 綾さんと「がぉ」川上とも子さん、最終話のクライマックス・・・、もう、凄い熱演です。



「お母さんはそこに立ってて、何があっても来たらダメだよ。」
「そうか、うちゴールか」

・・・・・・・・・・

「ぶいっ」



このシーン、夏の終わり、既に早すぎる落ち葉が晴子の後ろで、ひらりはらりと落ちているのに気が付く
「もう、いいよね?。わたし頑張ったよね?。もうゴールしてもいいよね?。」



「あんた、まさか痛いんか?、ほんまは痛かったんか?」
「ウソや、ウソや言うてや。」
「あかん観鈴、来たらあかん。ゴールしたらあかん。」
「うちらの幸せは始まったばっかりやんか!。」
「全部、これからなんやっ!!。」



「いろんな事があったけど」
「・・・わたし、頑張って良かった!」
「わたしのゴールは幸せと一緒だったから」
「ひとりきりじゃ、なかったから」
「だから、だからね・・・」



ゴール・・・・!
(大好きなお母さん。ここがわたしのいちばん大切な場所、そしてゴール)



「いやや、そんなんいややぁ!」
「観鈴ぅぅぅぅっ!!」



『・・・お母さん・・・、ありがとう・・・』
(ここは、すでに発声していない。・・・お母さん・・・、ありがとう・・・と、その言葉の形に口が動いただけだ。)
声優さんの言葉は、観鈴の最後の心の声として私たちに届く。

・・・・・・・・・・

下手な実写映画監督やドラマ監督は、このアニメを見て構図やカメラワークの勉強をしてもらいたいくらいだ。
ドラマとしても。



当然のように、「京都アニメーション凄い!」、「Key作品、凄い!」と思った私は、引き続き、リアルタイムには見逃していた『Kanon〜リメイク〜』もDVDで見てしまった。 
 
ちなみに、『Kanon〜リメイク〜』の方は見始めたとき、少し舐めていた。
 
「AIR」に比べてゲーム設定のキャラを原作通りにたくさん揃えすぎた感じが当初はしていた。(一目見て、動画レベルやアニメのクォリティは進化し続けている事は理解出来たけど)ただ、ストーリー展開は原作通りだとしても、一部に唐突感もあった。
「忘れている」主人公の記憶封印が、ご都合主義すぎる、とも率直に思った。

狐の子の話は、ちょっとその辺が分かってくると失礼ながら違和感があって「この話で、今さら古典の『天神山』や『葛の葉(くずのは)』のシチュエーションか」と心の中で軽く失笑しかけたけど、「ああ、『私の頭の中の消しゴム』なんだ」と思うと、これは狐の女の子〜真琴のシナリオの最後あたりで泣かせられる。快活で言葉の多い少女として登場した真琴は途中から、どんどん幼児退行じみた記憶の失い方をしていく。(やっば、動物も家族や愛する人としてカウントしてもいいと思ってしまった俺(笑)。・・・仕方ないよな。『葛の葉』の古典の時代から、こういう物語は日本人には「哀しくも心に滲みる話」として血肉に入っているのである。感動するなと言っても抗えない。但し、注釈しておくが、『私の頭の中の消しゴム』〜2004年の韓国映画なんかより『Kanon』は数年前に世に出た作品である。となると、シチュエーションとしてのKanonの真琴シナリオの系譜は「レナードの朝」か「アルジャーノンに花束を」くらいになるのだろうか?。)

ひとつのシナリオが終わってみると見事な整合性。
沢渡真琴という(本物の方の「人間」のお姉さんキャラ)が登場するシーンの辺りで、雪の夜、山の裾野で倒れた徒歩の主人公、そこに消えた狐の真琴が「あうー」と(消えるときに言葉を失ったままの挙動で、しかし限りなく優しく抱擁感に溢れた少女姿の魂として)、気を失っている主人公に語りかけて映像にもう一度登場する一瞬のシーンから、現実のお姉さんキャラ沢渡真琴が通りかかった自動車のヘッドライトの向こう側に姿をあらわし繋がる演出は・・・とにかく凄いですよ。
 
月宮あゆまでのシナリオが全て終わりホッとする感動。良い感動。・・・「ハルヒ」、「AIR」、このリメイク版。石原立也監督と京都アニメーション・スタッフの力量は揺るぎのない本物だし、2時間枠ぐらいでしかやれない劇場版の仕事よりも、濃密で長尺な作品をテレビ・シリーズならではの強味をもって存分に生かし切っている。

「Kanon 2006」を、私は、製作者にその意図がなくても「Air」の補完アニメだと感じる部分を随所に見いだしてしまう。
「Air」で、いささかなりとも行き場を失っていた「哀しみや惑い」を「Kanon 2006」は癒してくれるのだ。
あと付け知識で「Kanon」の方が原作ゲーム発表が早い事を知りましたが、「Air」アニメを作ったスタッフは、「Air」アニメ化で成功したから、同じKey作品として、このタイトルを引き続きアニメ化したというのではなく、「Air」を作ったからこそ、「Kanon」も「CLANNAD」も作るべき使命感があったのじゃないかと感じました。
 
全てが優しいよね「Kanon」は。先述した月宮あゆのラストシナリオまで見ると。本当に救われる。
「ぼくの最後の願いは・・・」、(ぼくのこと忘れて下さい)ではなく、新解釈を打ち出して見事な大団円に導く。

(・・・ただ、まぁ、なゆきママの交通事故シーンのリアルさ恐ろしさには吃驚した。・・・あれ絶対に5体がまともじゃいられないし即死の事故です。あんな怖い交通事故シーンをアニメで初めて見た。あんなの実写映画にもない。そのシーンを予言する一言を第一話で、娘の名雪(なゆき)と主人公の二人を家から送り出すときに「車に気をつけてね。」とニッコリとなゆきママに言わせているのだ、このシナリオは・・・。まぁ、「車に気をつけてね。」は、我が子を家から送り出す母親のフツーな日々の見送り言葉だが、はるか先の終盤に来る伏線をキャラクターに何気なく言わせている。・・・事故に遭うのは貴女だよ、なゆきママ・・・。二度目に見返すと、こんなシーンさえ「どきり」とする。こうした伏線や仕掛けは全編にちりばめられている。凄いんだよ。もう。「Kanon」も。) 



観鈴と往人前半の穏やかなひととき。
こういうシーンは、ヒロイン達の運命を知った後で再視聴するほどに輝く。




まぁ、四方山話として、観鈴の泣ける最後の名セリフ
「もう、ゴールしてもいいよね?」が、
当時、こうした優れた作品を産み出すために死屍累々たる作業を積み重ねていたであろうと想像に難くない
アニメ製作スタッフの間で
流行り言葉として「もう、ゴールしてもいいよね?」と皆が作業のキツさを訴えていたこぼれ話は、
物語の悲劇性の落差との関係でちょいと笑える小ネタではある。



それでも、悲劇性以上に、言いしれぬ勇気も貰える名作アニメです。
(もっとも、始めに書いたように初見の時には、色々な意味でショックの方が大きいアニメだったけどね。)

今では、やはり感動と勇気が見るものの心に力強く根付く。
くりかえし、くりかえし、思い出すだけで感涙の波が押し寄せる・・・。

が、がぉ・・・。




動画サイトで、「Air」の『鳥の詩』を「国歌」と呼ぶ皆さん。
こういう洒落は阪神ファンのフリーアナウンサー中村鋭一氏が、「六甲おろし」を阪神タイガース・ファンの「国歌です」と言い出したのが最初のような気がするが、素直に「Air」の『鳥の詩』→アニメファンの「国歌」というのは納得出来る。
(動画サイトでは、以下のタイトル曲を今でもよく見かける。ここにリンクを貼るわけにはいかないので、わたしが今回紹介した「AIR」の動画や、その音楽を本気で全く知らない人は、10000語を並べるより見た方が早いと思う。)


☆鳥の詩☆
※OPアニメのメインタイトル曲。・・・この主題歌は本当に素晴らしいです。

☆AIR 青空☆
※感動のクライマックスシーンに1回だけ流れるヴォーカル版は珠玉。インストルメンタル版(曲だけ)の演奏もある。

☆AIR-夏影-☆
※観鈴と往人の出会いシーンに流れるBGM版が、なんと言っても印象深い。

☆夏影〜ヴォーカルVer.〜☆

D販売では歌詞付きの「夏影」も存在する。



「青空」(観鈴ちん、ゴール!のクライマックスに流れる曲)に関しては、「AIR」感想文をこのタイミングで書いたことと繋がりがある。

わたしがこのウエブ日記の「AIR」感想文を書くのと同時期に、ブログの方で、テレビ放送されていた「おもひでぽろぽろ」のエンディング曲から、名曲『The Rose』(アマンダ・マクブルーム作詞・作曲)を思い出し、そのことを色々と書いた。

じつは「AIR 青空」と「The Rose」の出だしは曲想がなんかよく似ているのだ。「出だしだけ」なんだけれど。

それでブログで「The Rose」の感想文を書いた勢いで、思い出すと泣きそうになるから、ずっと先延ばしにしていたアニメ「AIR」の感想文を書く気になったわけだ。
(身内の死んだ女の子の記憶も手伝って、「AIR」の感想文はなかなかに、これまで着手出来なかった本音もある。・・・ようやく書けた。なんか自分の心の中の「つかえ」がほんの少しだけ取れたかな?。良い意味で。)

「AIR」の劇中BGM「夏影」も映画「菊次郎の夏」のテーマ曲に、どこか似ていると言えば似ている。
でも、それは気のせいで、「夏影」はこれはもうアニメ史上における至宝のような名曲である。
「鳥の詩」と共に並び讃えるべし。
(これらに加えて、個人的には先述した「月童(つきわらべ)」という曲が、なによりも大好きである。)

ドラマや作画の素晴らしさだけにとどまらず、記憶しておくべき名曲の宝庫なんだ。アニメ「AIR」は。


蛇足ながら、『星の記憶を継ぐもの〜翼人』という特殊なキーワードが、この物語にはあるが、何度か繰り返して本作品を視聴した私には、自然とその回答が入ってきた。
無粋を承知で、書く。
『星の記憶を継ぐもの〜翼人』は、特別なキーワードではない。
それはおしなべて、普通の答えになるのだが、わたしたちの事だ。

わたしたちがなんで、今、ここに存在しているかを考えてみれば分かる、簡単なことだった。

わたしたちは、みんな「星の記憶を継ぐもの」なのだ。

(遺伝子が全てを記憶している。〜わたしたちは、自分が生まれてからの個々人の経験則だけを記憶として覚えているから、まぁ、その器は壊れるどころか、存分に使い切らないくらいで生活出来ているのだけど、遺伝子情報がリアルに私たちの脳みそに、その記憶の情報量を全部流し込んできた日にゃ、誰だって観鈴ちんみたいに器から溢れて壊れてしまいます。)

「観鈴ちん」の物語は、でも、やはり特別だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、いつしか、ぼくは空を見ていた。

いつだって哀しみの色をたたえていた空。
限りなくどこまでも続く青。
その無限へと還ってしまった少女。
今もひとりきりでいる少女。

だから、ぼくは彼女を捜し続ける旅に出る。
そして何時の日か彼女を連れて帰る。

新しい始まりを迎えるために。



今は、この10月から放送が始まった「CLANNAD」がどうなるのか楽しみである。
私、意図的に「CLANNAD」に関しても、なんも予備知識のないまま視聴をしている。
あ・・・、ただ「CLANNAD〜クラナド」があまりにも耳慣れないSFみたいなタイトルなので、その意味が知りたくて『家族』を意味するゲール語(アイルランド語)らしいという事だけは押さえておいた。
 
また、大きな感動の波が強く強く押し寄せてくるのだろうか?。

実は1〜2話を見た時点では、「Air」、「Kanon」を見た時のような「いきなりハート鷲掴み」状態にはなっていないので、あれ?、という気持ちで見ている。

ただ、「CLANNAD〜クラナド」も、タイトルが重なる辺りのオープニングの黄色い花畑を駆ける幼女、その影が花畑に映るシーン、花畑が立体的に迫るスピード感溢れる描写にはノックアウトです。(最後まで見ないと軽々な感想は書いちゃいけないと思うし。とにかく期待。)

2007年9月6日(木)
ご祝儀期間終了

いやぁ、人気のある検索ページに何かのリンクを貼られるというのは凄い効果。
   
Yahoo!の登録サイト検索で、「アダルト漫画家」カテゴリーに新規に加えられた、このホームページ。
(俺はフツーに「漫画家カテゴリー」で申請したのに。結果を見て吃驚だヨ。)

 
新規登録のご祝儀期間は『NEW !』というロゴ付きで、このホムペのタイトルがしばらくTOPに置かれる。(ことになっていたらしい)
すると今まで考えられなかった勢いでアクセスが増えた、この3日間ほど。
(「年内に20,000HITいけばいいな〜♪」という、まったり、のんびりなホムペが3日間で2000カウント回転した。)
普段は1日に10カウント、週末に30カウント入るくらいのシオシオなホムペなのだ。(いや、厳密には知らん。ただ、ここ数日間の2000カウントを外して、4〜5日前までの18000カウントを単純に開設以来の2年半ちょいの述べ日数で割ると、一日に10〜20カウントあるかないかという勘定になる。回ってねぇな〜見事によ。というのが普段の俺の感想だ。)

そもそもが、だれもリンクを貼ってくれないから、絶海の孤島状態なんである、このホムペは。
まぁ、アクセスの少ないいちばんの理由は人気不人気以前に更新頻度が少ないという俺のせいなんだが。
 
新規登録のご祝儀期間が終了すると(つまり、リンクが他のサイトの中に紛れる)、ピタリといつものペースに戻った。
※たいていの公式ホムペは「しっかりしたアクセス・カウンター」を装備しているが、うちのカウンターも律儀で正確。オマケがない。(余所のカウンター、いい加減な所は、ページを開いたままブラウザの更新ボタンをクリックする度に、どんどんカウントされていくアバウトなのが結構ある。これ、暇な人が1000回更新ボタンをクリックすれば、そのままカウントに反映する。)

ちなみYahoo!の「アダルト漫画家」カテゴリーのリンク・ページ、アクセスカウントの人気順にタイトルが並べられるらしい。

アイウエオ順で並べろよ(泣)。
そんなもん、あっという間に最下位になるぞ。うちのカウンター律儀なんだもん・・・。
 
だから、「アダルト漫画家カテゴリー(だけ)」に入れられるのはアクセスする人の期待を裏切っているって。
Yahoo!さん間違ってますよ(泣笑)。
いえ、アダルト漫画も積極的に描きますが(好きですが)、そういうものが根っからお好きな人のニーズに(満面の笑顔で)答えているような内容のホムペの構成じゃないでしょ、もとから、ここは。(仕分けてみて、どんだけアダルト要素が少ないか。かえって分かった。しかし、エロな画像が手許にないこともないので、これから増やしてやろうと思う。というか、別個に立ち上げるべきか。TOPからリビドー全開にして。・・・まぁ、今さら、そんな面倒くさいことはしないし。)

ヒラヒラの少女漫画趣味(シュガー・ドリームと毒を吐く要素の両面)と劇画っぽさとエロとアニメが同居してるんだよ、俺って。最近、ついに萌え要素さえ入ってきたかもしんない。

ふむ。こうなったら、もっとカオスにしてやろうかしら。
 
困ったもんだ。なんか居直ってる、俺。(「私」という一人称はやめたんかい!(笑)。)

2007年9月2日(日)
トップ絵

ホムペのトップ絵が一時的に先祖還り。
 
トップ絵で「おっぱい」は不味いだろうというフツーの判断。
新しい妥当なCGもないので、また昔のイラストを仮置きしておく。
(そのうち、新しいものを描きおろします。)
 
で、サイトのコンテンツも「一般」と「アダルト」を仕分けした。
これもフツーの判断。
 
蛮勇としては、一般もアダルトも関係なく『同居させて並べていいんだ』とも思うが、「そうもいかんでしょ」という誰かのアドバイスがあり、仕分けた。
1000枚の内、999枚、一般誌の原稿を描いていても、1枚、成年誌に描くと「漫画家カテゴリー」から外されたのが面白い。(Yahoo!検索)

はい。ウエブ検索において、なんだかめでたく「エロ漫画家」、「アダルト漫画家」の呼称が与えられた。

判別者のものさしは視野狭窄的である。
(現状の活躍フィールドはどこか?を「判断基準」にすれば、マニュアル的には正しい判断か。過去の20年間より、最近の5年間の方が目に付く。最近、一般誌で描いてないものな。)

「アダルト漫画家」というカテゴリーに登録されちゃった関係で、以前よりアクセス・カウントが増えている(ような気がする)が、期待されるほど"もの凄い画像"は当ホムペにはありませんって。Yahoo!検索に騙されて、このホムペに来た人は、さぞかしがっかりしたろう。リピーターにはなってくれんな。

まぁ、期待される向きには、それなりの画像も警告付きで載せていくつもりだけど(「おっぱい」程度で警告はいらんと思うが・・・、あれを美しいとは思わんのか。巨乳、貧乳、適乳?、全て美しいぞ。おっぱいや乳首でアダルト扱いは間違ってる。)、性行為描写は・・・、これはものによるな。さすがに。

当然、一般誌の漫画も描きますよ。私は。
アダルト漫画も描きますよ。私は。
漫画家とアダルト漫画家を区分けせずに、せめて並記するか、漫画家カテゴリーの中のいちジャンルにしてくれ。

教育や政治を語る紳士が「どんな顔でクンニしてるんだろう」かとか、友達と仲良く笑っている少女が「あんな奴死ねばいいのに」なんて誰かを疎んじているような精神構造、行動が、普通の一般人には同居している。
日常であり、特殊なことではない。
バランスを崩さない限り、そういうのが「健康的」だとさえ言える。どっちかしかない人間なんていない。(いたら、その人は何かが壊れている。)
それが人間でしょ。
これ、リリー・フランキーさんが似たような主旨の言葉をテレビで喋っていたのを引用させてもらったのだが、だから人間は面白いし、みんな胡散臭いのだが、同時に愛すべき存在なのだとも思う。
 
まぁ、どうでもいいか。

2007年8月12日(日)
カルチャーショック

私は、世間の話題というものに関して、人から遅れている。
 
カルチャーショックというのは言葉のニュアンスとして正しくないが、とあるアニメを見て最近、ショックを受けた(?)。
ウェブ日記でも予告済みだが、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」に感心した私は、ありがちな経路をその後辿る。

「涼宮ハルヒの憂鬱」→「京都アニメーション」→「石原立也監督」と来て、この共通項から、過去作品の
京都アニメーション『AIR』を見た。
(例によって、これも友人の薦めで見たのが始まりだったのだが、薦められなくても既に見る気になっていた。)

見終わって・・・、その晩のうちには消化、咀嚼しきれず、「感動」「ショック」「鬱」のどれもがストレートに当てはまらない複雑な気分になった。
私には、この『AIR
深く心に残った。
・・・はい。泣きましたですよ。正直に書くと。
『リメイク版 Kanon』も見た。・・・一気に救われた気分。
AIR』と『リメイク版 Kanon』は同じ京アニ作品として対で見たほうが良い、というのが私の意見。
 
詳しくは、さらに後日に記す。
ところで、私が「やらないで」と考えていた「涼宮ハルヒの憂鬱」の第二期製作が公式に発表されましたね。・・・ん、じゃ、もうやって下さい。楽しみにしてます。

2007年7月17日(火)
ホムペTOPの絵
「ホムペTOP絵」のイラストを久しぶりに新調。

と言っても、このホムペのギャラリーでも過去に紹介したイラストの「顔を替えた」流用イラストである。実験的な書き替えだ。
(元のイラストは簡単にホムペ内に見つかります。捜して比較してみて下さい。)

ともあれ、同じボディや顔の輪郭、ヘアスタイルを使っても女の子の顔というのは「目」、「眉」、「鼻」、「口」の描き方で別物になるのであります。
特に今回の女性は「かなり熟れた肢体」のセミヌード(?)だったので、基本的に大人の体には「それなりの顔立ちで」というのが私の流儀だった。(・・・ような気がする。必ずしもそうでもなかったが。それにロリ顔の巨乳キャラというのはよく描いた。でも、等身はそれなりになる。)
それを今回は「やわらかい表情」にしてみた。どちらが好みかは人による。(私は、もっぱら妖艶な目が好みだったが、・・・どうも、それにこだわるより漫画的でいいのじゃないかな、と思い始めた。)

私も昔は少女漫画を描いていて「大きな目の女の子」をフツーにデザインしていた。
「聖狼少女」の頃から「吊り目」、もしくは「切れ長な目」の表現に気持ちがいって、「ヘルマドンナ」の後期にいたっては「劇画調、リアルイラスト系」の表現にペンは動いた。

最近、思うところあって、「可愛い顔」をまた好むような気持ちになっている。

「シスターヴァイス」、「魔物な彼女たち」、「ピンクナット」などの頃にも大きな目の女の子は描いていたが、今、思い描いている可愛い顔立ちは、あの頃の絵と違うニュアンスの「可愛い顔」なのである。顔の輪郭に対比して、大きな目でも小さな目でも「可愛い顔立ち」というのは描けるのである。その両方が同居する漫画というのも実は描ける。(そういう作品も実際に見かける。そういうことが出来てしまえる人は、大好きである。本当は劇画か漫画かイラスト的かに潔く的を絞ってしまう方が強いのだろうが、必ずしもそうは言い切れない。とりわけ私が切り捨てたくないのは漫画的である事だ。)

で、今回の「ホムペTOP絵」は背景の処理で、なんか白いモノを勢いで飛ばしてしまって卑猥なモノになってしまったかも。

次回、「ホムペTOP絵」を書き下ろす時には、とてもリリシズムなものを準備中なので、まぁ、今回の過激さ(?)はお目こぼしいただきたい。



昨日の午前に発生した「新潟地震」は大変な惨状である。
お見舞い申し上げます。

余震の恐怖はいかばかりかと・・・。
本震で命が助かって、大きなケガもなく、自宅被害もなんとか・・・と言う場合でも、本当に『余震』には神経が参ってしまう。
経験者ですから。・・・12年前の地震に対するトラウマはまだ消えません。多分、ずっと消えない。

2007年7月7日(土)
カルチャー・ショック

別の「カルチャー・ショック」と「破壊力」の話について書くつもりだったけど、最近、知人のサイトもあまりチェックしていなかったので、山本貴嗣先生の日記を久しぶりに覗かせいただき、ぼんやり眺めていて・・・、過去日記の記事に驚く。

そこに紹介されていたクリエイターの仕事ぶりと言ったら・・・。もう。
 
まぁ、サイトがサイトなんで、リンクを貼るわけにもいかないので、下のタイトルから検索して辿り着いてみて下さいな。
仕事場での作業風景が今なら動画で拝見させていただくことが出来ます。
(口でタブレット・ペン銜えて、素晴らしいデジタル・イラストを描くクリエイターです。事故で首から下の肢体機能が不自由なのだというのです・・・。)
 
#18 寿志郎 〜艶髪ビーチバレー美女

わたしゃ、もし自分の利き腕が動かなくなったら廃業だ、と普通に思ってましたが。
動かないどころか、ただの筋肉痛や、軽い腱鞘炎でも常日頃、あっさりと休暇にしますよ。
甘い自分。
なのに、こういう達人もいらっしゃる。・・・人間って凄い。

私が、最近に感じた、本来ここで述べるつもりだったもうひとつの「カルチャー・ショック」と「破壊力」については、また後日に・・・。

2007年5月19日(土)
ヨイトマケの唄

くだんの流出映像サイトというか、アクセスする人たちの好き勝手な映像クリップのUPサイトで、私もアニメや特撮ものの映像ばかりを追いかけていた。
しかし、考えてみれば、音楽倉庫の方も興味がある。
 
流行歌や人気のアーチストとかではない。
変わったところでありつつも、普遍的な支持者のいる「名曲」ならUPされている映像もあるだろうと思って検索したのが、『ヨイトマケの唄』であった。

ヒットした。
美輪明宏さんだ。
丸山明宏さんの頃に、そのステージをテレビで見てガキの頃に感動した覚えがある。
UPされている映像は、最近の新しいモノだった。また、ブームなのかもしれない。
今の美輪先生は、とてもとても過剰な芝居がかったステージで、全てが濃厚だが、丸山明宏さんの頃の淡々とした歌い方の核心に変化はなく、私は久しぶりに唄を聞いて泣いていた。

昭和41年、美輪先生の若くしての作詞作曲なんだよね。名曲だなぁ。
そりゃもう、大昔の美輪先生はお綺麗でした。
それにもまして、こういう歌曲を作る才能がおありになる。

このサイト、こういう映像も拾えるのか・・・。
いいなぁ。
著作権無視だけど、潰されないで欲しいなぁ。

2007年4月23日(月)
「涼宮ハルヒの憂鬱」、その2

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」をちゃんと全話モニターしました。

DVD買いましたですよ。
映画のソフトはよく買うけど、アニメは劇場版にしても、何巻もあるテレビ・シリーズにしても、DVDまで買う事は滅多にない。
心強い友人がいて、「見たいな」というアニメや、私が知らないアニメまで「一見の価値はありますよ。」と常日頃ソフトを貸して見せてくれるので、それで事足りていた。
で、所有欲がよほど高まった「私的高評価」のタイトルに関してのみ、自分でもソフトを買う気になったりするという図式である。

どちらかというと、食わず嫌いをしていたアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』は見てみるとかなり面白かったのだ。

完全視聴する前に、ウエブの流出映像(と書いてしまっては穏やかではないので)、もとい、サンプル映像で大体のストーリーを把握して、その時点で「おおいに感心した」ので、勇み足の感想ながら私なりの解釈を先の日記にしたためたが、内容に関する論旨は完全視聴後の今、あらためて大きく訂正する所はない。

「白雪姫(snow white)」がミクル姐さんからのヒントで、「眠れる森の美女(sleeping beauty)」は長門有希からのキーワードだった点で齟齬はなかったと理解したし、細かい点で解釈の修正をする必要性もあるようだが、直感的にテーマの明快さを歓迎したコトや私なりの感想を「あれは間違ってました」とする事はないようである。



ハルヒの本編を見るまでは、まるで関心がなかった。
友人に薦められてはいたのだが、私、天の邪鬼なもので・・・。1年以上遅れてハマった。



いとうのいぢ先生の絵はアニメ「灼眼のシャナ」のEDの方で気になっていたが(背景にオリジナルイラストが使われていたように思う)
肝心のアニメ本編の絵柄のバランスが私の好みではなかったのでアニメ・シャナは、当時1〜2回見て止めた。
本来のいとうのいぢ先生の絵はとても素晴らしい。
男性の絵にしては、と惚れていたが(ペンネームのニュアンスが男っぽいから、男だと思っていたのよ)、
のいぢさんが女性と知って納得。
アニメの作監も女性。なるほどね。




空間の広い絵。こういう構図は、とても大切。
これを描かずに避けるばっかりの絵描きや演出家は、アニメでも漫画家でもダメ。
手間がかかるので避けて通りたくなるのが当然な絵ではある。(私も避ける。時間に余裕が無く、そういうものを描けるアシスタントがいない限りは。)
この辺が、未だにアニメと実写映画の決定的に違うところ。
実写は「実在するロケーション」なら、カメラで撮影すればOKだ。
「絵」は無から描きおこさなければならない。
平凡な町並みや、商店街などといった描写ほど難しい。
家の屋根瓦をそれらしく描き込むのだって本音はめんどくさい。



私にとって、あらゆる意味で、このシリーズの最終話。
このあとにも、原作では物語は作られ、テレビ・シリーズでは、構成の妙で後(あと)時間に来るエピソードがサンドイッチの具にされたが、
結果的に、この構成こそがとても効果的だった。



幸いなコトに「ちゃんと見たいよ」と閲覧者のいる日記で書いていたのが奏功して、(というか、あからさまなおねだりが通じたのだが)、いつも私にアニメの話題を提供してくれる先出の友人が、テレビ放映時のエアチェック録画したものを、私がDVDを買う前に貸してくれたのだ。
いやぁ〜〜♪、あんがとネ。いつも借りてばっかだから遠慮してたのよ。(近所の友人なら気軽に甘えられるのだが、この友人氏は私の居住地域から遥か遠方の住人なのです。関東圏のアニメに詳しいので、関西の私には貴重な情報源♪。・・・もっとも、後述している事ではあるが、原作者が兵庫県西宮の高校出身という事で、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」は阪神間エリアの関西の人間こそが見ておくべき作品だった事を思い知らされることになる。)

さて、借りて見たシリーズの内容が先述した通りに「テレビ放映版」だった。

結論から言うと、DVDで発売されているモノよりも「テレビ放映版」を先に見ることが出来てラッキーだったと言うしかない。

時間軸(「時系列」と書くべきか、原作者のSF造語だろうね。)が、"順序よく並んだ"DVDを1巻から見るよりも、テレビ放映時の順序で見るのが断然良い。
DVDのテレビ・オリジナル・ストーリーでラストとなる構成も悪くない雰囲気だとは思う。「サムデイ イン ザ レイン」はアニメオリジナルエピソードとして良い出来だ。

しかし、テレビ版放映順とDVD版順では、かなり視聴者に与える印象は違ってくる。
重大に違ってくる。(私個人の思い入れだけかもしれないが。)



長門有希も得難いキャラ。まんま綾波のイメージは重なるけど。



ある意味ラブコメ要素も強い作品なので、綾波と違って全てが救われている。
このシーン、彼女の手にしているコンビニ弁当の中身にこだわっているブログもあった。
箸がビニール袋に透けて見える、なんて、そこまでは着目しなかったな俺。・・・そんな所まで見切るのね、みなさん。



ミクルちゃんの体型は(年齢不詳)高校生設定ではアンバランスすぎて、私の趣味ではない。
断然、未来から来た姐さん姿の方がツボである。
「いわゆる、ひとつの萌え要素」は人それぞれである。



長門有希はぺたんぺたんなので、絵柄的には非常にバランスがとれている。(と思う。)



呪文解読のブログもあったが、ミステリックサインや朝倉との対決シーンが中心だった。
あと ドラマCDの長門呪文解析

 「位相空間に転位開始。非物質拡散性振動型感知音波を抽出。それにしても
  こんな長い単語を言うと、酸欠になりそうっていうか、さっきホントになりかかっ…」

 「話は違うけど、ゆきりんって呼ばれてみたい気が、しないこともないかもしれない」

 「エネルギーフィールド展開。それはともかく、一人5役はキツすぎ」

さて、上の野球大会シーンにおける長門の呪文を誰か解読して教えてくれ。




・・・なんで、DVD化で順番に並べてしまったのか、と私は密かに嘆いている。
テレビ放映の予告で、キョンとハルヒのかけあい漫才みたいなナレーションが、予備知識のない者に時系列の回答をさりげなく与えている事に途中で気づかせてくれ。そして、「あっ、そういうことか。」と分かる仕組みは得難いギミックだった。

DVD版ではそれがなくなってしまって、『ハルヒの憂鬱T〜Y』がシリーズ前半の6話分でさっさとまとめて終わってしまうのでパズルの楽しみが消し飛んでしまっているのだ。・・・というか、ドラマ的な盛り上がりがここでMAXになっちゃっているのだからあとが困る。テレビ版の予告は特典映像にされてしまった。DVD『ハルヒの憂鬱Y』のラストシーンは、フレームごと引きになってちょっとセンチメンタルな止め絵のエンディング・ロール、というテレビ通りの終わり方にはならない。
テレビ版を見ちゃった視聴者には、・・・違和感が残るのである。


ハルヒたち登場人物の心情変化が話数のシャッフルで、「?」なシーンを内包したまま展開したテレビ放映版が「謎解きを引きずる感じ」で、むしろ、おおいに効果的だった。
少しは話数のシャッフルで翻弄されながらも、テレビ版の最終話で全てのパズル・ピースがスッキリと繋がる爽快感が良かったのだ。 

00話のエピソードを最初に置いているのも、これが作品全体の暗示になっているのだからユニーク。

なのに、そのあとがいけない。
『ハルヒの憂鬱T〜Y』を分割して、時間的にあとのエピソードになる話数を挟んでサンドイッチにした構成を、演出家の慧眼として高く高く評価していたのに、DVDの収録方法では感動が半減してしまうじゃないか。

シーンの(行間補足的な)書き足しがあろうが、EDアニメのスペシャルダンス・バージョンが特典映像にあろうが、DVD版を初見にせずにテレビ放映の順番で、このアニメを視聴させてくれた友人に感謝したい。

リアルタイムでテレビ放映を見たか、エアチェックの録画を見ることが出来た人はラッキーだ。
DVD版の並びを初見にしてしまった人は少し不幸な気がする。
なぜなら、時系列順に見たのと、テレビ放映版の順序で見たのとでは、同じホームランでも、柵のへりにぎりぎりひっかかってスタンドインしたホームランと、球場バックスコアーボードにたたき付けるか場外ホームランした打球との差ほどの違いがあると思うからだ。

 
「火の鳥」にせよ、「ポーの一族」にせよ、時空間の前後する大胆な構成のドラマに私は弱い(大好きだということ)。
小説の世界で言えば、光瀬龍先生の宇宙年代記ものにぞっこんだった。
(なんでもかんでも、話が意味無く前後してりゃ喜ぶ訳ではない。本編がヒットしたが続編の作りようがないので「なんとか青春編」とか「少年時代のなんたら」なんて時計の針の巻き戻しの仕方は、スケベ根性丸見え、創意のないヒット作の水増し、たいへんに気に入らない。)
少なからず、テレビ放映版の
「涼宮ハルヒの憂鬱」には、製作者の思惑以上の効果で私に迫るものがあった。
こういう奇蹟は、次にやれるわけはないので、これっきりである。
原作の進行状況と、アニメ化のタイミングが上手くシンクロした。たまたまの事かもしれない。

原作本のファンもたくさんいらっしゃると聞く。
原作人気があってこそのアニメ化でもあったろう。
原作ファンは、アニメの方をどう見たのか興味があるが、ライトノベルでもイラスト担当のいとうのいぢ先生(男だと思っていたが、女性なのね。アニメの作監も女性だし、「萌え」って絵柄的には女性作家に帰結した?。)の絵柄でアニメも活写されているわけだから何の違和感もなかったでしょう。

しかし谷川流先生の原作、いとうのいぢ先生のイラストで、ライトノベルのヒット作となっていて、アニメ化がクォリティの高い仕上がりになっていても、シリーズ構成で「シャッフル=サンドイッチ」がなかったら、私はここまではまらなかった。

誤解を恐れずに書く。
 
原作があればこそだが、テレビシリーズで、あんな構成をやってのけたのは、1話25分弱、6話で終わる憂鬱シリーズを全14話に水増しするために(原作を読んで知っている人にも楽しんでもらうために、ああいう構成にしたとか、仰っておられますが)他のエピソードをサンドイッチにしたなどという、そういう単純な事ではない着想を感じる。
シリーズ構成演出家、監督、偉い!、と。

私はテレビ放映シリーズ時の「涼宮ハルヒの憂鬱」が、私の琴線に響いたのであり、それ以外の出会いだったら「大変に良く出来た傑作」という通俗的な評価にとどまっていたと思う。

こんな場所で熱心に論じるほどハマりはしなかったろう。

私の個人的な結論はこうである。
『ハルヒの憂鬱Y』のあとには、もう何も持って来ちゃいけない。



わたしが消化出来ていないのが、このシーンのキョンの妹の言動。



児戯の工作とハルヒの創造世界となんか掛けているのか?
なんで、このシーンをわざわざ挿入したのだろうか?。



なんにせよ「非日常系学園ストーリー」と銘打っている『目くらましのロジック部分』のディテール描写に、これでもか!ってくらいのエネルギーをスタッフは注いでいる。そりゃ、マニアでなくとも唸るべきシーンは容易に分かる。

シナリオ、絵コンテ、カット割りは小気味よい。(それでも、私なんかは「面白い演出だな」程度で流してしまうが、長門有希と、もう一人の特殊なキャラ(朝倉)が唱える呪文が「意味のある日本語の科白」を高速で逆回転している、なんてコトを分析報告しているマニアがいるのには感心する。何を言っているか解読しちゃうのだ。

あるいは、『最初はマウスの使い方すら分からなかった長門が完全にタッチタイピングをマスターし、最終的にはコマンドプロンプト上でプログラミングを行うという驚異的な成長を見せ、プログラムを作成するシーンでは、ソースコードの入力からコンパイル、プログラムの実行までが描かれており・・・(Wikipediaより抜粋)』だなんて描写は、パソコン音痴には分かりゃしないが手抜きがないという事なんでしょう。
それにコンサートの演奏シーンが適当な動画でない事くらいは楽器素人にもすぐに分かった。どこまで正確にギターやベースのコード進行や指の位置をトレースしているのかは知らないが、多分あれもほとんど本物の演奏描写になってるんだろう。)

舞台背景のロケーションが関西の"京都アニメーション"らしく、地の利を生かして、原作者のイメージを守った。
アニメの背景も、兵庫県西宮市、大阪梅田駅周辺を再現しているというのだから、これは神戸在住だけではなく、塚口に住んだこともあり(西宮、夙川、芦屋あたりまでは私の行動範囲内だったからよく知っている)、大阪、梅田回りを徘徊していた身には誠になじみ深い。

第一話「ハルヒの憂鬱T」の席替えシーンで『ゴーフルの缶に入ったクジをひいて・・・』のキョンのモノローグは、「神戸・風月堂のゴーフル」という御菓子をよく知っている地元の人間にはウケる。

それにしても、あれだけ関西ローカルなネタや資料をちりばめた設定で、よく、登場人物に関西弁キャラを混ぜなかったコトだと思う。賢明だ。ロケーション通りの設定ならあの高校のキャラは全員、関西弁で喋ってなくちゃならんのだが、それをしたら全国区人気は難しい。まずもって「ハルヒ」や「キョン」に関西弁は似合わない(笑)。原作へのリスペクトと、取材のためのリアリティにこだわったスタッフの「上品な方向での関西風景」への愛着が地元の人間にはツボにはまりすぎる。

ともあれ、センスの良さがウケただけではなく、見事にまとめたのだから素晴らしい。

(こんだけマニアックな世界観の話、まとめられない監督さんや演出家、シナリオライターの方が多いよね。・・・これは、それが出来ない作品や作家を責めちゃ酷だが。なんだかんだ事情はあるんだろうから。秀でた才能の集団作業であるアニメだからこそ出来ること・・・。誰かひとりの手柄ではない。でも、まとめ役が壊れると全部を台無しにする事は容易に出来る。繊細な仕事だが相当タフな仕事だ。監督業って。)

「ハルヒ」は、とにもかくにも現場のスタッフが愛情と気概を持っていたんだとよく分かる。
色々な才能が上手くシンクロ出来たしあわせな作品だな、と思いますよ。それをやらせた方も偉い。
日程や予算的に相当な投資と手間暇がかかったろうに。

ただ、私的には「ハルヒの憂鬱Y」で、ちゃんと完結しているシリーズである。

第二期の製作とかが、多分もう決定しているのだろうが、なんか、続編や挿入話は作って欲しくないな、というのが本音です。

いったん終わった名作は、制動力を持って「止める」、「水増ししない」というのも勇気というか、映像作家としての英断だと思うのですが・・・。

映像化されていない原作ネタがあるからって、また作らなくてもいいよ、と思ってしまう。
ここで止めて欲しいな。

・・・無理だろうなぁ。作れば、また大きな市場(マーケット)になること請けあいの作品だからね。



<<前のページ | 次のページ>>

ホームページ「入り口」へ
(いきなり全画面でこちらのページに来られた方は、「入り口」から入室し直して下さい。)



カウンター 作成ステキツール新着情報PDA WINDOWS CE 搭載機無料アクセスカウンター 比較