作品画面の紹介

魔物な彼女たち <まもの_な_かのじょたち>
1998年度作品


原口清志の雑誌掲載された「漫画作品」の原稿画像の紹介コーナーです。
さて、今回の「作品画面の紹介」は、内容としては
『ズバリ、WEB上で短編まるごと全掲載』です。
(と言っても本格的な電子ブックスではないので解像度の低い、あくまでもサンプル程度の公開です。(;^_^A)

いいのか?、原口!!。只で読ませて?!。いいでしょう。読んじゃって下さい。


『灯無炎羅シリーズ』
このページで紹介させていただくのは、コミックス『魔物な彼女たち』の中に6編連作した『灯無炎羅(あかりなし えんら)シリーズ』です。
『灯無炎羅(あかりなし えんら)』というのは、これでもヒロインの名前なのです。「えんら」ちゃんというわけですね。
かなりインパクトのある名前で、名前の由来はあるのですが、ここでは説明を割愛します。
「えんら」ちゃんは隠れ眼鏡っ子キャラ(たまにしか眼鏡をかけないけど)で、霊能少女です。
脇役陣もルーティンな性格付け、配役ではありますが、曲者キャラ揃いです。
とても楽しんで描いた漫画です。

その私の「気に入っている」シリーズ漫画作品を一人でも多くの方に読んでいただきたいのです。

もっとも、既にコミックスは
絶版本になっているとはいえ、出版社様との著作権問題もありますので(俗に言う、コミックス出版時の契約拘束年数は既に切れていてフリーな作品ですが)、一冊まるごとは、自著保護の意味からも、そこまではあけすけには掲載出来ません。
(ひょっとしたら、電子書店から新規の話くらい来るかもしれんし・・・(笑)。ないか。)

著作者自身の権限で限定掲載です。
他人が勝手にやったら当然、怒りますし訴訟ものです。これは明言。

短編読切りスタイルの「連作シリーズもの」コミックスの中の、1〜2本の紹介です。

一般書店では入手出来ませんが、今回、紹介したストーリーが面白いと思っていただけたら、コミックスは短編全9本が網羅されたシリーズ作品100%の完全収録です。きっと面白いから、古本屋やWEB書店で見つけたら(フルサイズの内容を)買って読んでね。


『魔物な彼女たち』





<以下のタイトルか画像をクリックすると、漫画の内容を閲覧できます>
タイトル文字クリックで同一画面で。イラスト表紙クリックで新しい全画面表示で開きます。

★『灯無炎羅シリーズ』
♯1「曼荼羅木」の巻


<「魔物な彼女たち」から>全20p

★『灯無炎羅シリーズ』
♯2「霊弾ヨーヨー」の巻


<「魔物な彼女たち」から>全20p




『魔物な彼女たち』の中から、今回紹介している『灯無炎羅(あかりなし えんら)シリーズ』は、独立した「新シリーズ」として最初から、もう一度立ち上げたい設定の漫画です。
もっとも大好きなジャンルですし、印象的には「小品」のようにも見えますが、そこが良いのです。

この『灯無炎羅シリーズ』の絵柄と劇画チックな『聖狼少女』の絵柄ともに、同時に私のタッチなのです。見比べていただくと面白いかもしれません。

そんな絵柄(タッチ)の変遷の中でも『灯無炎羅シリーズ』は、最近の「私の絵柄」の「コメディ・タッチの基本」になっているのかな。
シリアスを描くと、また、「絵」が変わるのですが。

■私にとって、これしか描かないという「絵」はないのですが。(いいことか良くないことかはわかりませんが。)
・・・でも、自分で思っている以上に、実は何を描いても、「原口清志の絵だな」というものが、あるのかもしれません。
自分では、かなり絵柄のヴァージョンは「間口が広いつもり」なのですが、「原口さんは、今、流行りの『萌え』じゃないし。」と、とある編集者に言われた事がございます。「まぁ、萌えじゃないよな。」とは自分でも思いますし、何かのコミックスの惹句で、編集さんに「美少女ホラーはハラグチだ!」と書かれてしまったのは、発刊されてから「やめてください。」という感じでした。
・・・そりゃ、おこがましいです(笑)。そんな勘違いは当人もしておりません。

勿論、少女や妙齢の美女を描く事は大好きですが、別にそれを旗印に出来るほどの描き手でもありません。

私が描きたいのは、「印象的なキャラクター」です。
「萌え」とか「劇画」とか「ホラー」や「ファンタジー」や「バイオレンス」という"くくり"ではありません。
「何かの世界観にこだわっている」というわけでもないのです。

でも、どちらかというと、「センス・オブ・ワンダー」の要素にだけは惹かれ続けているかな?。何のジャンルを描いても。
『不思議』がなけりゃ・・・・ね。
ドキュメンタリーの方が不思議に満ちているのだから、クリエイターは尚いっそう『不思議』を描きたいと思っている。
不思議の中には奇蹟や愛や残酷があります。
そして、なぜか私は、それらの帰結するところは暖かいものだと思っている。

でも、最近はこんな風にも思うのですよ。
「センス・オブ・ワンダー」て、日常的なドラマの中にもあるよね♪、て。
人間ドラマや、普段の生活の描写の中に、人の心の機微の中に、不思議はありそうです。
煎じ詰めれば、よく描けた作品の核は「人が描けている」というごくあたりまえの事に還るのかもしれません。

        

Copyright(C)  Kiyoshi Haraguchi / PinkNut HomePage All rights reserved.
(C) 原口清志